Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ゾルディック家(ゾルディックけ)は、冨樫義博の漫画『HUNTER×HUNTER』に登場する架空の暗殺者一家。主要登場人物の1人であるキルア=ゾルディックの生家であり、現在はキルアを含めた10人で構成されている。伝説の暗殺者一家と称され、「誰も真の顔を見たことがなく」「顔写真ですら1億ジェニーの値がつく」とされていたが、実際には潜伏などは一切していない。パドキア共和国デントラ地区のククルーマウンテンにある邸宅は観光スポットになっている。地元では暗殺を請け負う家業は知られているが、恐れられず名家として慕われている。山中に入るための巨大な正門は正式名称は「試しの門」(別名「黄泉への扉」)と呼ばれており、その名の通り入る者の力を試す門である。扉の重さは片方2トンずつで、押す者の力に応じて1から7までの大きい扉が開く仕組みになっており数が増えるごとに重さが倍になっていく(7の扉の重さは片方128トンずつ)。試しの門を開けて入ってきた者以外は侵入者とみなして番犬のミケが襲いかかってくるため、最低でも片方の2トンの扉を開ける力がなければゾルディック家に入る資格はないとされる。家族間で考え方・方針の違いが生じた場合、敢えて意見を統合せずに、『家族』は殺さないという条件のもと、それぞれが自分の望む方法を通すために最大限努力する、通称「家族内試練(インナー・ミッション)」と呼ばれる方式が取られ、作中では、「会長総選挙・アルカ編」において、ネフェルピトーとの戦いで念能力の「『誓約』と『制約』」の反動で危篤状態になったゴンを救う為に、キルアがアルカを解放しようとしたことをきっかけとして生じた「キルアとイルミ・シルバ・キキョウの対立」という形で表されている。声の項は第1作 / 第2作の順。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1138405 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14447 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58658459 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ゾルディック家(ゾルディックけ)は、冨樫義博の漫画『HUNTER×HUNTER』に登場する架空の暗殺者一家。主要登場人物の1人であるキルア=ゾルディックの生家であり、現在はキルアを含めた10人で構成されている。伝説の暗殺者一家と称され、「誰も真の顔を見たことがなく」「顔写真ですら1億ジェニーの値がつく」とされていたが、実際には潜伏などは一切していない。パドキア共和国デントラ地区のククルーマウンテンにある邸宅は観光スポットになっている。地元では暗殺を請け負う家業は知られているが、恐れられず名家として慕われている。山中に入るための巨大な正門は正式名称は「試しの門」(別名「黄泉への扉」)と呼ばれており、その名の通り入る者の力を試す門である。扉の重さは片方2トンずつで、押す者の力に応じて1から7までの大きい扉が開く仕組みになっており数が増えるごとに重さが倍になっていく(7の扉の重さは片方128トンずつ)。試しの門を開けて入ってきた者以外は侵入者とみなして番犬のミケが襲いかかってくるため、最低でも片方の2トンの扉を開ける力がなければゾルディック家に入る資格はないとされる。家族間で考え方・方針の違いが生じた場合、敢えて意見を統合せずに、『家族』は殺さないという条件のもと、それぞれが自分の望む方法を通すために最大限努力する、通称「家族内試練(インナー・ミッション)」と呼ばれる方式が取られ、作中では、「会長総選挙・アルカ編」において、ネフェルピトーとの戦いで念能力の「『誓約』と『制約』」の反動で危篤状態になったゴンを救う為に、キルアがアルカを解放しようとしたことをきっかけとして生じた「キルアとイルミ・シルバ・キキョウの対立」という形で表されている。声の項は第1作 / 第2作の順。
rdfs:label
  • ゾルディック家
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of