Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ゾフィー・エレオノーレ・フォン・ザクセン(Sophie Eleonore von Sachsen, 1609年11月23日 ドレスデン - 1671年6月2日 ダルムシュタット)は、ドイツのザクセン選帝侯家(アルベルティン家)の公女で、ヘッセン=ダルムシュタット方伯ゲオルク2世の妻。ザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク1世とその2番目の妻でプロイセン公アルブレヒト・フリードリヒの娘マグダレーナ・ジビュレの間の第1子、長女として生まれた。1627年7月1日にトルガウのハルテンフェルス城(Schloss Hartenfels)において、ゲオルク2世と結婚した。当時は三十年戦争中で困難な時代だったにも拘わらず、有力諸侯を縁組によって結びつけるこの結婚式は盛大に祝われた。この婚礼ではドレスデン宮廷楽長ハインリヒ・シュッツによる史上最初のドイツ語オペラ・悲喜劇『ダフネ』の初演が行われた。この婚礼でのオペラ上演は、ヨーロッパの王侯たちの間に祝祭や記念行事に音楽のイベントを採り入れる慣習を広める役割を果たした。ゲオルク2世には、ゾフィー・エレオノーレとの結婚によって、妻の従姉マリア・エレオノーラの夫であるスウェーデン王グスタフ・アドルフの領内への侵略を防ごうという目論見があった。この目論見は成功し、グスタフ・アドルフはヘッセン=ダルムシュタット方伯領を中立邦と見なして攻撃を差し控えた。ゾフィー・エレオノーレは方伯夫人として、ダルムシュタット邦立図書館(現在のダルムシュタット大学・州立図書館(Universitäts- und Landesbibliothek Darmstadt))の蔵書の収集に大きく貢献した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2629548 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2526 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55791524 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ゾフィー・エレオノーレ・フォン・ザクセン(Sophie Eleonore von Sachsen, 1609年11月23日 ドレスデン - 1671年6月2日 ダルムシュタット)は、ドイツのザクセン選帝侯家(アルベルティン家)の公女で、ヘッセン=ダルムシュタット方伯ゲオルク2世の妻。ザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク1世とその2番目の妻でプロイセン公アルブレヒト・フリードリヒの娘マグダレーナ・ジビュレの間の第1子、長女として生まれた。1627年7月1日にトルガウのハルテンフェルス城(Schloss Hartenfels)において、ゲオルク2世と結婚した。当時は三十年戦争中で困難な時代だったにも拘わらず、有力諸侯を縁組によって結びつけるこの結婚式は盛大に祝われた。この婚礼ではドレスデン宮廷楽長ハインリヒ・シュッツによる史上最初のドイツ語オペラ・悲喜劇『ダフネ』の初演が行われた。この婚礼でのオペラ上演は、ヨーロッパの王侯たちの間に祝祭や記念行事に音楽のイベントを採り入れる慣習を広める役割を果たした。ゲオルク2世には、ゾフィー・エレオノーレとの結婚によって、妻の従姉マリア・エレオノーラの夫であるスウェーデン王グスタフ・アドルフの領内への侵略を防ごうという目論見があった。この目論見は成功し、グスタフ・アドルフはヘッセン=ダルムシュタット方伯領を中立邦と見なして攻撃を差し控えた。ゾフィー・エレオノーレは方伯夫人として、ダルムシュタット邦立図書館(現在のダルムシュタット大学・州立図書館(Universitäts- und Landesbibliothek Darmstadt))の蔵書の収集に大きく貢献した。
rdfs:label
  • ゾフィー・エレオノーレ・フォン・ザクセン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of