Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ソーラー・オービター(Solar Orbiter)は、欧州宇宙機関によって開発中の太陽観測衛星であリ、2017年7月にケネディ宇宙センターからアトラスVで打ち上げられる予定である。この太陽探査機は、ESAのCosmic Vision 2015-2025プログラムの中規模ミッションの初の衛星(M1ミッション)として選ばれた。地球からの観測が難しい太陽の極地方を詳細に観測し、内太陽圏と太陽風の発生過程の測定を目的としている。どちらも「太陽がどのように太陽圏を作り、制御しているのか?」という問いに答えるものである。ソーラー・オービターは、水星の近日点の内側の60太陽半径(0.284天文単位)以内の距離まで迫って太陽を観測する。0.9から0.28天文単位の距離の楕円軌道で太陽を周回する(168日間の周期で周回)。ノミナル運用時の軌道傾斜角は25度であるが、ノミナル運用を終えて延長ミッションに入ると軌道傾斜角を34度にあげる予定。打上げ後、地球と金星の重力で軌道を変え、打上から3年半後に運用軌道に到着する予定。ソーラー・オービターは太陽にかなり接近するため、機体の表面温度は520度Cにも達する。このため分厚い耐熱シールド(黒色のリン酸カルシウムを塗った多層構造のチタン製遮熱板)で衛星本体を保護する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2636642 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3916 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57483687 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:carrierRocket
  • アトラスV-411
prop-ja:inclination
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:launch
  • 2017 (xsd:integer)
prop-ja:missionDuration
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:missionType
prop-ja:name
  • ソーラー・オービター
prop-ja:orbitAltitude
  • 3340000.0
prop-ja:orbitalPeriod
  • 168 (xsd:integer)
prop-ja:organisation
prop-ja:periapsis
  • ~60 RS
prop-ja:satelliteOf
prop-ja:webpage
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ソーラー・オービター(Solar Orbiter)は、欧州宇宙機関によって開発中の太陽観測衛星であリ、2017年7月にケネディ宇宙センターからアトラスVで打ち上げられる予定である。この太陽探査機は、ESAのCosmic Vision 2015-2025プログラムの中規模ミッションの初の衛星(M1ミッション)として選ばれた。地球からの観測が難しい太陽の極地方を詳細に観測し、内太陽圏と太陽風の発生過程の測定を目的としている。どちらも「太陽がどのように太陽圏を作り、制御しているのか?」という問いに答えるものである。ソーラー・オービターは、水星の近日点の内側の60太陽半径(0.284天文単位)以内の距離まで迫って太陽を観測する。0.9から0.28天文単位の距離の楕円軌道で太陽を周回する(168日間の周期で周回)。ノミナル運用時の軌道傾斜角は25度であるが、ノミナル運用を終えて延長ミッションに入ると軌道傾斜角を34度にあげる予定。打上げ後、地球と金星の重力で軌道を変え、打上から3年半後に運用軌道に到着する予定。ソーラー・オービターは太陽にかなり接近するため、機体の表面温度は520度Cにも達する。このため分厚い耐熱シールド(黒色のリン酸カルシウムを塗った多層構造のチタン製遮熱板)で衛星本体を保護する。
rdfs:label
  • ソーラー・オービター
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of