Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ソーラブロート(アイスランド語:Þorrablót、英語:Thorrablot)は、北大西洋の島の住民、特にアイスランド人による、ご馳走が出される祝宴である。そこで食べられるのが、「ソーリ月(Þorri)の食物」という意味のソーラマトゥル(アイスランド語:Þorramatur、英語:Thorramatur)であり、アイスランド古来の国民的な料理である。ソーリは北欧神話における霜や冬の擬人化で、古くからトール神と同一視され、アイスランドの旧暦の第四の月の名でもあった。本来のソーラブロートはソーリに生け贄を捧げる祭儀であったが、アイスランドのキリスト教化に伴い衰退した。19世紀のナショナル・ロマンティシズムの興隆と共に、ソーラブロートは真冬の祭りとして再興された。近代における最初のソーラブロートは1873年にコペンハーゲンでアイスランド人の学生たちが開催し、トールを讃えるための夕食を共にしながら演説や詩の朗読を行ったという。すぐにソーラブロートはアイスランドの伝統行事となり、特に独立運動に熱心な青年会や学生グループにより盛んに行われた。今日のようなソーラマトゥルは、1958年にレイキャヴィークのナウスティズ(Naustið)というレストランが、アイスランド国立博物館に収蔵されている昔の木製のトラフに似せた食器を作り、当時すでに珍しくなっていた伝統食品を盛りつけたのが始まりである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1046394 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4151 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 57 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47930490 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ソーラブロート(アイスランド語:Þorrablót、英語:Thorrablot)は、北大西洋の島の住民、特にアイスランド人による、ご馳走が出される祝宴である。そこで食べられるのが、「ソーリ月(Þorri)の食物」という意味のソーラマトゥル(アイスランド語:Þorramatur、英語:Thorramatur)であり、アイスランド古来の国民的な料理である。ソーリは北欧神話における霜や冬の擬人化で、古くからトール神と同一視され、アイスランドの旧暦の第四の月の名でもあった。本来のソーラブロートはソーリに生け贄を捧げる祭儀であったが、アイスランドのキリスト教化に伴い衰退した。19世紀のナショナル・ロマンティシズムの興隆と共に、ソーラブロートは真冬の祭りとして再興された。近代における最初のソーラブロートは1873年にコペンハーゲンでアイスランド人の学生たちが開催し、トールを讃えるための夕食を共にしながら演説や詩の朗読を行ったという。すぐにソーラブロートはアイスランドの伝統行事となり、特に独立運動に熱心な青年会や学生グループにより盛んに行われた。今日のようなソーラマトゥルは、1958年にレイキャヴィークのナウスティズ(Naustið)というレストランが、アイスランド国立博物館に収蔵されている昔の木製のトラフに似せた食器を作り、当時すでに珍しくなっていた伝統食品を盛りつけたのが始まりである。
rdfs:label
  • ソーラブロート
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of