Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ソンムの戦い(ソンムのたたかい、Battle of the Somme)とは、第一次世界大戦における最大の会戦である。1916年7月1日から同11月19日までフランス北部・ピカルディ地方を流れるソンム河畔の戦線において展開された。連合国側のイギリス軍・フランス軍が同盟国側のドイツ軍に対する大攻勢として開始し、最終的に両軍合わせて100万人以上の損害を出したが、連合国軍はわずかな土地を獲得したにとどまり、ドイツ側は被害を最少におさえた。大戦初期のマルヌの戦いなどに比して武器の消費量や性能も飛躍的に向上し、軽機関銃も初登場した。また当時新兵器であった戦車が初めて投入された戦いでもある。
dbpedia-owl:casualties
  • 419654 (xsd:integer)
  • 465000 (xsd:integer)
dbpedia-owl:combatant
  • *
  • *ザクセン王国
  • *ニューファンドランド
  • *バイエルン王国
  • *バーデン大公国
  • *プロイセン王国
  • *ヴュルテンベルク王国
  • *南ローデシア
  • イギリス帝国
dbpedia-owl:description
  • ソンム県Ovillers-la-Boisselle近郊のイギリス軍の塹壕。作戦計画図中央にある道路付近の塹壕の写真。
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • 膠着
dbpedia-owl:startDate
  • 2018-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:strength
  • 初期 10.5師団
  • 初期 英:13師団 仏:6師団
  • 最終 50師団
  • 最終 51師団
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 261904 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5282 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 70 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58911791 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • ソンムの戦い
prop-ja:caption
  • ソンム県Ovillers-la-Boisselle近郊のイギリス軍の塹壕。作戦計画図中央にある道路付近の塹壕の写真。
prop-ja:casualties
  • 465000 (xsd:integer)
  • 英:419,654 仏:204,253 計:623,907(内死者不明者 146,431)
  • 大破 戦車:100 飛行機:782
prop-ja:combatant
  • イギリス帝国
  • *
  • * ザクセン王国
  • * バイエルン王国
  • * プロイセン王国
  • * * 南ローデシア * ニューファンドランド
  • * ヴュルテンベルク王国 * バーデン大公国
prop-ja:commander
  • フェルディナン・フォッシュ
  • エミール・ファヨール
  • ダグラス・ヘイグ
  • ヒューバート・ゴフ
  • フリッツ・フォン・ベロウ
  • ヘンリー・ローリンソン
  • マックス・フォン・ガルヴィッツ
  • ループレヒト
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • --07-01
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 膠着
prop-ja:strength
  • 初期 10.5師団
  • 初期 英:13師団 仏:6師団
  • 最終 50師団
  • 最終 51師団
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ソンムの戦い(ソンムのたたかい、Battle of the Somme)とは、第一次世界大戦における最大の会戦である。1916年7月1日から同11月19日までフランス北部・ピカルディ地方を流れるソンム河畔の戦線において展開された。連合国側のイギリス軍・フランス軍が同盟国側のドイツ軍に対する大攻勢として開始し、最終的に両軍合わせて100万人以上の損害を出したが、連合国軍はわずかな土地を獲得したにとどまり、ドイツ側は被害を最少におさえた。大戦初期のマルヌの戦いなどに比して武器の消費量や性能も飛躍的に向上し、軽機関銃も初登場した。また当時新兵器であった戦車が初めて投入された戦いでもある。
rdfs:label
  • ソンムの戦い
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ソンムの戦い
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:軍歴 of
is foaf:primaryTopic of