Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ソロン・アーヴィング・ベイリー(Solon Irving Bailey、1854年12月29日 - 1931年6月5日)は、アメリカの天文学者。ベイリーは1887年にハーバード大学天文台の職員になった。天文台がユーライア・アサートン・ボイデン (Uriah A. Boyden) の遺言によって設立された「ボイデン基金」を受けた後、ベイリーはペルーのアレキパに「ボイデン観測所」を設けるにあたって中心的な役割を果し、1892年から1919年までそこに勤めた。彼はまた、気象学研究のために空気の薄い高地に赴いた。その後、ボイデン観測所は1927年により気候条件が良い南アフリカに移転し、ボイデン天文台となった。彼はとりわけ、南の空で見られる球状星団の変光星の研究をした。1903年のエロスの衝に際しては、その光度曲線の周期を高い精度で測った。エドワード・ピッカリングが死んだ1919年からハーバード大学天文台の責任者となり、1921年にハーロー・シャプレーに引き継いだ。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1343755 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 999 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47343332 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ソロン・アーヴィング・ベイリー(Solon Irving Bailey、1854年12月29日 - 1931年6月5日)は、アメリカの天文学者。ベイリーは1887年にハーバード大学天文台の職員になった。天文台がユーライア・アサートン・ボイデン (Uriah A. Boyden) の遺言によって設立された「ボイデン基金」を受けた後、ベイリーはペルーのアレキパに「ボイデン観測所」を設けるにあたって中心的な役割を果し、1892年から1919年までそこに勤めた。彼はまた、気象学研究のために空気の薄い高地に赴いた。その後、ボイデン観測所は1927年により気候条件が良い南アフリカに移転し、ボイデン天文台となった。彼はとりわけ、南の空で見られる球状星団の変光星の研究をした。1903年のエロスの衝に際しては、その光度曲線の周期を高い精度で測った。エドワード・ピッカリングが死んだ1919年からハーバード大学天文台の責任者となり、1921年にハーロー・シャプレーに引き継いだ。
rdfs:label
  • ソロン・アーヴィング・ベイリー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:発見者 of
is foaf:primaryTopic of