Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ソレノイド(1827年、フランス語の solénoïde または、ギリシャ語 solen 「管、導管」とギリシャ語 eidos 「形、形状」との合成語)は、3次元のコイルで、螺旋状、特に密巻きにした形状(層を重ねることもある)のもののことである(2次元の、平面上の渦巻状(スパイラル)のものはコイルだがソレノイドではない)。特に、ふつう絶縁電線でできていて、電流を流して磁場を発生する目的のものやそれを利用した装置を指すことが多い。コイルの場合,ソレノイドコイルは,空芯単巻コイルと意味によって表すときもある。コイルと同じく、電線自体を指して巻線と言う。物理学では、ふつう磁場を発生する目的のものを指す。しばしば金属のコアの周りに巻く。制御可能な磁場の発生や、電磁石に利用する。特に、(実験を行うような)広い空間に一様な磁場を発生するように設計したものを指す。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 161719 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1740 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57757980 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ソレノイド(1827年、フランス語の solénoïde または、ギリシャ語 solen 「管、導管」とギリシャ語 eidos 「形、形状」との合成語)は、3次元のコイルで、螺旋状、特に密巻きにした形状(層を重ねることもある)のもののことである(2次元の、平面上の渦巻状(スパイラル)のものはコイルだがソレノイドではない)。特に、ふつう絶縁電線でできていて、電流を流して磁場を発生する目的のものやそれを利用した装置を指すことが多い。コイルの場合,ソレノイドコイルは,空芯単巻コイルと意味によって表すときもある。コイルと同じく、電線自体を指して巻線と言う。物理学では、ふつう磁場を発生する目的のものを指す。しばしば金属のコアの周りに巻く。制御可能な磁場の発生や、電磁石に利用する。特に、(実験を行うような)広い空間に一様な磁場を発生するように設計したものを指す。
rdfs:label
  • ソレノイド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of