Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ソルビタン脂肪酸エステル(ソルビタンしぼうさんエステル)は、ソルビタンと脂肪酸のエステルで、食品用乳化剤や化粧品・工業用界面活性剤として、単独または他の界面活性剤と配合して用いられる。1945年に米国Atlas社により開発され、日本でも古くから食品添加物として用いられてきた。1996年の資料によると、食品用として年間約1,500トン、食品以外の用途として年間約4,000トンが使われている。ポリソルベートともいう。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1711144 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1608 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49755581 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ソルビタン脂肪酸エステル(ソルビタンしぼうさんエステル)は、ソルビタンと脂肪酸のエステルで、食品用乳化剤や化粧品・工業用界面活性剤として、単独または他の界面活性剤と配合して用いられる。1945年に米国Atlas社により開発され、日本でも古くから食品添加物として用いられてきた。1996年の資料によると、食品用として年間約1,500トン、食品以外の用途として年間約4,000トンが使われている。ポリソルベートともいう。
rdfs:label
  • ソルビタン脂肪酸エステル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of