Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ソリ・デオ・グロリア(ただ神にのみ栄光、ラテン語:Soli Deo gloria)とは、プロテスタント宗教改革で、基本的な信仰をあらわすために提示された五つのソラ(five solas)の一つである。それは神にのみ栄光というラテン語の語である。この強調は、当時のカトリック教会の教えと対照的だったと言われる。ヨハン・ゼバスティアン・バッハは彼の自筆譜に「SDG」とサインした。十字架のヨハネは類似のフレーズ「Soli Deo honor et gloria」を使った。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1482398 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 620 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46932775 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ソリ・デオ・グロリア(ただ神にのみ栄光、ラテン語:Soli Deo gloria)とは、プロテスタント宗教改革で、基本的な信仰をあらわすために提示された五つのソラ(five solas)の一つである。それは神にのみ栄光というラテン語の語である。この強調は、当時のカトリック教会の教えと対照的だったと言われる。ヨハン・ゼバスティアン・バッハは彼の自筆譜に「SDG」とサインした。十字架のヨハネは類似のフレーズ「Soli Deo honor et gloria」を使った。
rdfs:label
  • ソリ・デオ・グロリア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of