Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ソッピース パップ(Sopwith Pup)は第一次世界大戦で使用されたイギリスの単座複葉戦闘機。ソッピース・アヴィエーションで製作され、正式な名前はソッピース・スカウトだったが、より大型の複座機ソッピース 1½ ストラッターに比較して子犬(Pup)のようであったことから、パイロットによってパップという愛称が付けられた。その名は品がないと考えられたため、正式な名前とは認められなかったが、これが先例となり、以後のソッピース機はすべて(ソッピース トライプレーンを除いて)、哺乳類または鳥類の名(キャメル(ラクダ)、ドルフィン(イルカ)、スナイプ(シギ)等)が付けられることとなった。パップの素直な飛行特性は航空母艦の甲板からの離着陸試験に最適だった。
dbpedia-owl:aircraftType
  • 複葉機
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 1770 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1829067 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9066 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 113 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56710834 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン名(プロペラ)_
  • ル・ローヌ空冷
prop-ja:エンジン数(プロペラ)_
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:エンジン種類(プロペラ)_
  • ロータリーエンジン
prop-ja:ジェットOrプロペラ?_
  • プロペラ
prop-ja:スパンFp
  • 807.72
prop-ja:スパンSi
  • 8.08 m
prop-ja:上昇率Si
  • 10000 (xsd:integer)
prop-ja:上昇限度Fp
  • 17500.0
prop-ja:上昇限度Si
  • 5,600 m
prop-ja:乗員
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:全長Fp
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:全長Si
  • 5.89 m
prop-ja:全高Fp
  • 287.02
prop-ja:全高Si
  • 2.87 m
prop-ja:出典
  • British Naval Aircraft since 1912
prop-ja:出力Si
  • 80.0
prop-ja:分類
  • 複葉機
prop-ja:初飛行年月日
  • 1916 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • ソッピース パップ
prop-ja:固定武装
  • 7.700000 (xsd:double)
prop-ja:固定翼Or回転翼?_
  • 固定翼
prop-ja:最大速度Fp
  • 97 (xsd:integer)
prop-ja:最大速度Si
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:生産数
  • 1770 (xsd:integer)
prop-ja:生産開始年月日
  • 1916 (xsd:integer)
prop-ja:用途
  • 戦闘機
prop-ja:画像
  • Image:Sopwith Pup side.jpg
prop-ja:空虚重量Fp
  • 787.0
prop-ja:空虚重量Si
  • 358.0
prop-ja:航続距離Si
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:製造者
prop-ja:設計者
  • ハーバート・スミス
prop-ja:超過禁止速度Fp
  • kt
prop-ja:超過禁止速度Si
  • km/h
prop-ja:運用時重量Fp
  • 1225.0
prop-ja:運用時重量Si
  • 557.0
prop-ja:運用者More
  • **イギリス **アメリカ **オーストラリア **オランダ **ギリシア **日本 **ロシア
prop-ja:運用開始年月日
  • 1916 (xsd:integer)
prop-ja:面積Fp
  • 254.0
prop-ja:面積Si
  • 23.6
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ソッピース パップ(Sopwith Pup)は第一次世界大戦で使用されたイギリスの単座複葉戦闘機。ソッピース・アヴィエーションで製作され、正式な名前はソッピース・スカウトだったが、より大型の複座機ソッピース 1½ ストラッターに比較して子犬(Pup)のようであったことから、パイロットによってパップという愛称が付けられた。その名は品がないと考えられたため、正式な名前とは認められなかったが、これが先例となり、以後のソッピース機はすべて(ソッピース トライプレーンを除いて)、哺乳類または鳥類の名(キャメル(ラクダ)、ドルフィン(イルカ)、スナイプ(シギ)等)が付けられることとなった。パップの素直な飛行特性は航空母艦の甲板からの離着陸試験に最適だった。
rdfs:label
  • ソッピース パップ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ソッピース パップ
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of