Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ソウル・アリンスキー (Saul David Alinsky ,1909年1月30日 - 1972年6月12日)は、アメリカのコミュニティ・オーガナイザー及び作家。近代における住民組織化という社会運動の手法の創設者であり、1960年代に盛んになった草の根運動(グラスルーツ運動)の基礎を作った人物。ラルフ・ネーダー、シーザー・チャベス、ジェシー・ジャクソンなどと並び、アメリカの大衆運動における重要人物の一人であるとされる。アリンスキーの住民組織化(コミュニティ・オーガナイジング)の手法は、大学生や、若い活動家に引き継がれ、大学構内での組織化戦略の一部になった。タイム誌は、「アメリカの民主主義は、アリンスキーのアイディアによって変化した」と書いた。保守的論者のウィリアム・バックリーは「彼は組織論の天才に近かった」と書いた。プレイボーイ誌は、彼をトマス・ペインになぞらえて「アメリカの非社会主義左翼の中でもっとも重要な指導者の一人」だとしている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2225931 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3492 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52273881 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ソウル・アリンスキー (Saul David Alinsky ,1909年1月30日 - 1972年6月12日)は、アメリカのコミュニティ・オーガナイザー及び作家。近代における住民組織化という社会運動の手法の創設者であり、1960年代に盛んになった草の根運動(グラスルーツ運動)の基礎を作った人物。ラルフ・ネーダー、シーザー・チャベス、ジェシー・ジャクソンなどと並び、アメリカの大衆運動における重要人物の一人であるとされる。アリンスキーの住民組織化(コミュニティ・オーガナイジング)の手法は、大学生や、若い活動家に引き継がれ、大学構内での組織化戦略の一部になった。タイム誌は、「アメリカの民主主義は、アリンスキーのアイディアによって変化した」と書いた。保守的論者のウィリアム・バックリーは「彼は組織論の天才に近かった」と書いた。プレイボーイ誌は、彼をトマス・ペインになぞらえて「アメリカの非社会主義左翼の中でもっとも重要な指導者の一人」だとしている。
rdfs:label
  • ソウル・アリンスキー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of