Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『セールスマンの死』(原題:Death of a Salesman)は、アーサー・ミラーによる戯曲。全2幕。ピューリッツァー賞を受賞した作品である。1949年2月10日ニューヨークのモロスコ劇場で初演。演出エリア・カザン。主演リー・J・コップ、M・ダンノック。年老いた63歳のセールスマン、ウィリィ・ローマンとその家族の物語。自立出来ない2人の息子や、過去の幻影にさいなまれつつ慨嘆するローマンは、誇りを持っていた仕事まで失い、最後には自ら死を選ぶ。その保険金で家の月賦が完済されたことを嘆く妻の独白で幕が閉じる。日本初演は劇団民藝により一ツ橋講堂にて1954年に行われた。主演滝沢修・小夜福子・宇野重吉、訳と演出は菅原卓。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1100460 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2358 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57310092 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『セールスマンの死』(原題:Death of a Salesman)は、アーサー・ミラーによる戯曲。全2幕。ピューリッツァー賞を受賞した作品である。1949年2月10日ニューヨークのモロスコ劇場で初演。演出エリア・カザン。主演リー・J・コップ、M・ダンノック。年老いた63歳のセールスマン、ウィリィ・ローマンとその家族の物語。自立出来ない2人の息子や、過去の幻影にさいなまれつつ慨嘆するローマンは、誇りを持っていた仕事まで失い、最後には自ら死を選ぶ。その保険金で家の月賦が完済されたことを嘆く妻の独白で幕が閉じる。日本初演は劇団民藝により一ツ橋講堂にて1954年に行われた。主演滝沢修・小夜福子・宇野重吉、訳と演出は菅原卓。
rdfs:label
  • セールスマンの死
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:tonyAward of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:notableWorks of
is foaf:primaryTopic of