Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • セーブ (save) とは、コンピュータのプログラムにおいて、作業内容や各種データを記憶媒体に保存すること。コンピュータプログラムにおいて、電源が切れるなどの不測事態対策、作業の中断・終了、別の機器で読み出したいなどの理由で行われる。プログラミング言語・BASICにおいては、プログラム自身を媒体に保存する際にSAVEコマンドが用いられる。BASICの仕様によっては保存媒体や保存形式によってCSAVE、DSAVEなどのコマンドが用いられることもある。また、プログラム中のデータセーブについてはWOPENで書き込み目的でファイルを開き、PRINT/Tでデータを書き込み、CLOSEでファイルを閉じる一連の予約語によって行われる。(コモドール、シャープ系のBASICの例)
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 506443 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 997 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56744499 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • セーブ (save) とは、コンピュータのプログラムにおいて、作業内容や各種データを記憶媒体に保存すること。コンピュータプログラムにおいて、電源が切れるなどの不測事態対策、作業の中断・終了、別の機器で読み出したいなどの理由で行われる。プログラミング言語・BASICにおいては、プログラム自身を媒体に保存する際にSAVEコマンドが用いられる。BASICの仕様によっては保存媒体や保存形式によってCSAVE、DSAVEなどのコマンドが用いられることもある。また、プログラム中のデータセーブについてはWOPENで書き込み目的でファイルを開き、PRINT/Tでデータを書き込み、CLOSEでファイルを閉じる一連の予約語によって行われる。(コモドール、シャープ系のBASICの例)
rdfs:label
  • セーブ (コンピュータ)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:etc of
is foaf:primaryTopic of