Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • センピル教育団(センピルきょういくだん)は、日本海軍の求めに応じて、航空技術を指導するために来日した、イギリス空軍の教育団である。ウィリアム・フォーブス=センピル大佐に率いられ、1921年(大正10年)9月から18か月間、29人の指導員が日本に滞在し、海軍の航空技術を指導した。教育は霞ヶ浦海軍航空隊で始められ、グロスター スパローホークなどの日本の依頼で購入しイギリスから持ち込んだ100機ほどの新型航空機を使って、雷撃法や標準器を使用する爆撃法などの訓練が行われた。イギリスにおける航空母艦「アーガス」や「ハーミーズ」の計画についての情報ももたらされ、建造の最終段階にあった「鳳翔」に参考とされた。1922年11月にセンピル大佐は講習の任務を終了し、勲三等を賜り、大部分の人員をつれて帰国した。これに伴って臨時海軍航空術講習部は廃止され、(1922年11月に)霞ヶ浦海軍航空隊が正式に開隊した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1753871 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3382 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 62 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56130401 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • センピル教育団(センピルきょういくだん)は、日本海軍の求めに応じて、航空技術を指導するために来日した、イギリス空軍の教育団である。ウィリアム・フォーブス=センピル大佐に率いられ、1921年(大正10年)9月から18か月間、29人の指導員が日本に滞在し、海軍の航空技術を指導した。教育は霞ヶ浦海軍航空隊で始められ、グロスター スパローホークなどの日本の依頼で購入しイギリスから持ち込んだ100機ほどの新型航空機を使って、雷撃法や標準器を使用する爆撃法などの訓練が行われた。イギリスにおける航空母艦「アーガス」や「ハーミーズ」の計画についての情報ももたらされ、建造の最終段階にあった「鳳翔」に参考とされた。1922年11月にセンピル大佐は講習の任務を終了し、勲三等を賜り、大部分の人員をつれて帰国した。これに伴って臨時海軍航空術講習部は廃止され、(1922年11月に)霞ヶ浦海軍航空隊が正式に開隊した。
rdfs:label
  • センピル教育団
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of