Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • セント・ヘレンズ山またはセントヘレンズ山 (Mount St. Helens) は、アメリカ合衆国のワシントン州スカマニア郡にある活火山で、シアトルから南へ約154km、オレゴン州ポートランドから北東へ約85kmの地点に位置する。カスケード山脈の一部であり、先住民族のクリッキタットからは「煙と火の山」という意味の「ロウワラ・クロウ (Louwala-Clough)」と呼ばれていた。セント・ヘレンズという山名は、18世紀後半にカスケード山脈の調査を行ったイギリス海軍の航海士ジョージ・バンクーバーが、友人であった外交官の初代セント・ヘレンズ男爵アレイン・フィッツハーバート (Alleyne FitzHerbert) にちなんで名づけたものである。セント・ヘレンズ山は、1980年5月18日に大噴火を起こしたことで有名である。200軒の建物と47本の橋が消失し、57人の命が奪われた。鉄道は24km、高速道路は300kmにわたって破壊された。さらにセント・ヘレンズ山の山頂部分は大規模な山体崩壊によって直径1.5kmにわたる蹄鉄型の火口が出現し、山の標高は2,950mから2,550mに減少した。この噴火はハザードマップをうまく活用して立入制限を行い、人的被害を小さなものにとどめることができた例としてよく知られている。カスケード山脈の他の多くの火山と同様に、セント・ヘレンズ山は火山灰や軽石などの噴出物が溶岩とともに円錐状に堆積した山であり、複式円錐火山ないし成層火山と呼ばれる内部構造をしている。またセント・ヘレンズ山には複数のデイサイトの溶岩ドームが崩壊してできた玄武岩と安山岩の層が含まれており、この層には1980年の大噴火で崩壊したゴート・ロックスと呼ばれた山体の北側の斜面にあった溶岩ドームも含まれている。
dbpedia-owl:address
  • アメリカ(ワシントン州)
dbpedia-owl:alpsGroup
dbpedia-owl:firstAscentYear
  • 1853-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 304782 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16570 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 259 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58869706 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:初登頂
  • 1853 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • セント・ヘレンズ山
prop-ja:山系
prop-ja:所在地
prop-ja:標高
  • 2550 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • --05-19
prop-ja:種類
dcterms:subject
georss:point
  • 46.19111111111111 -122.19416666666666
rdf:type
rdfs:comment
  • セント・ヘレンズ山またはセントヘレンズ山 (Mount St.
rdfs:label
  • セント・ヘレンズ山
owl:sameAs
geo:lat
  • 46.191113 (xsd:float)
geo:long
  • -122.194168 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • セント・ヘレンズ山
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of