セントライト記念(セントライトきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。1995年から菊花賞トライアルに指定されており、競馬番組表での名称は「朝日杯セントライト記念(菊花賞トライアル)」と表記される。 競走名のセントライト(父ダイオライト、母フリッパンシー)は1941年に横浜農林省賞典四歳呼馬(現・皐月賞)、東京優駿、京都農林省賞典四歳呼馬(現・菊花賞)を制し、日本競馬史上初の三冠馬となった。種牡馬となってからもオーライト(第15回平和賞優勝)やオーエンス(第21回天皇賞優勝)などの活躍馬を輩出し、1984年にはその功績を称えて顕彰馬に選出された。 2014年より寄贈賞を提供する朝日新聞社は、東京など全国4ヶ所に本社を置く新聞社。 正賞は朝日新聞社賞(菊花賞も正賞である)。

Property Value
dbo:abstract
  • セントライト記念(セントライトきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。1995年から菊花賞トライアルに指定されており、競馬番組表での名称は「朝日杯セントライト記念(菊花賞トライアル)」と表記される。 競走名のセントライト(父ダイオライト、母フリッパンシー)は1941年に横浜農林省賞典四歳呼馬(現・皐月賞)、東京優駿、京都農林省賞典四歳呼馬(現・菊花賞)を制し、日本競馬史上初の三冠馬となった。種牡馬となってからもオーライト(第15回平和賞優勝)やオーエンス(第21回天皇賞優勝)などの活躍馬を輩出し、1984年にはその功績を称えて顕彰馬に選出された。 2014年より寄贈賞を提供する朝日新聞社は、東京など全国4ヶ所に本社を置く新聞社。 正賞は朝日新聞社賞(菊花賞も正賞である)。 (ja)
  • セントライト記念(セントライトきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。1995年から菊花賞トライアルに指定されており、競馬番組表での名称は「朝日杯セントライト記念(菊花賞トライアル)」と表記される。 競走名のセントライト(父ダイオライト、母フリッパンシー)は1941年に横浜農林省賞典四歳呼馬(現・皐月賞)、東京優駿、京都農林省賞典四歳呼馬(現・菊花賞)を制し、日本競馬史上初の三冠馬となった。種牡馬となってからもオーライト(第15回平和賞優勝)やオーエンス(第21回天皇賞優勝)などの活躍馬を輩出し、1984年にはその功績を称えて顕彰馬に選出された。 2014年より寄贈賞を提供する朝日新聞社は、東京など全国4ヶ所に本社を置く新聞社。 正賞は朝日新聞社賞(菊花賞も正賞である)。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 385018 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 19260 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80507396 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:1着賞金
  • 5400 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主催者
prop-ja:創設
  • --10-12
prop-ja:年次
  • 2020 (xsd:integer)
prop-ja:条件
  • サラ系3歳(国際)(指定) (ja)
  • サラ系3歳(国際)(指定) (ja)
prop-ja:格付け
  • GII (ja)
  • GII (ja)
prop-ja:画像
  • 350 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • セントライト (ja)
  • セントライト (ja)
prop-ja:競走名
  • 朝日杯セントライト記念 (ja)
  • (菊花賞トライアル) (ja)
  • 朝日杯セントライト記念 (ja)
  • (菊花賞トライアル) (ja)
prop-ja:競馬場
prop-ja:負担重量
  • 馬齢(牡・せん56kg、牝馬54kg) (ja)
  • 馬齢(牡・せん56kg、牝馬54kg) (ja)
prop-ja:距離
  • 2200m (ja)
  • 2200m (ja)
prop-ja:馬場
  • (ja)
  • (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • セントライト記念(セントライトきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。1995年から菊花賞トライアルに指定されており、競馬番組表での名称は「朝日杯セントライト記念(菊花賞トライアル)」と表記される。 競走名のセントライト(父ダイオライト、母フリッパンシー)は1941年に横浜農林省賞典四歳呼馬(現・皐月賞)、東京優駿、京都農林省賞典四歳呼馬(現・菊花賞)を制し、日本競馬史上初の三冠馬となった。種牡馬となってからもオーライト(第15回平和賞優勝)やオーエンス(第21回天皇賞優勝)などの活躍馬を輩出し、1984年にはその功績を称えて顕彰馬に選出された。 2014年より寄贈賞を提供する朝日新聞社は、東京など全国4ヶ所に本社を置く新聞社。 正賞は朝日新聞社賞(菊花賞も正賞である)。 (ja)
  • セントライト記念(セントライトきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。1995年から菊花賞トライアルに指定されており、競馬番組表での名称は「朝日杯セントライト記念(菊花賞トライアル)」と表記される。 競走名のセントライト(父ダイオライト、母フリッパンシー)は1941年に横浜農林省賞典四歳呼馬(現・皐月賞)、東京優駿、京都農林省賞典四歳呼馬(現・菊花賞)を制し、日本競馬史上初の三冠馬となった。種牡馬となってからもオーライト(第15回平和賞優勝)やオーエンス(第21回天皇賞優勝)などの活躍馬を輩出し、1984年にはその功績を称えて顕彰馬に選出された。 2014年より寄贈賞を提供する朝日新聞社は、東京など全国4ヶ所に本社を置く新聞社。 正賞は朝日新聞社賞(菊花賞も正賞である)。 (ja)
rdfs:label
  • セントライト記念 (ja)
  • セントライト記念 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of