Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • セルフヘルプ(自助、英: self-help)とは、専門家の助けを借りず、自身の問題を当事者で解決することである。古くから、白隠禅師の丹田呼吸法、精神科医シュルツによる自律訓練法などは用いられてきたが、1942年には精神分析を自分で行う『自己分析』が出版され、派生的に交流分析が提唱されている。また1950~60年代には様々な自助グループが組織されてきた。近年では、認知行動療法の科学的根拠の蓄積から、認知行動療法に関心が集まっている。その最初のものであるアルバート・エリスの論理療法は、セルフヘルプ向けの書籍を発行している。さらに特定の精神障害に向けた様々な認知行動療法のセルフヘルプマニュアルが発行されている。マインドフルネス認知療法は、瞑想的な技法だが、自助的な書籍も出版されている。そうしたものは書名に「ワークブック」の名を含んでいる場合がある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 718692 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3752 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57409206 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • セルフヘルプ(自助、英: self-help)とは、専門家の助けを借りず、自身の問題を当事者で解決することである。古くから、白隠禅師の丹田呼吸法、精神科医シュルツによる自律訓練法などは用いられてきたが、1942年には精神分析を自分で行う『自己分析』が出版され、派生的に交流分析が提唱されている。また1950~60年代には様々な自助グループが組織されてきた。近年では、認知行動療法の科学的根拠の蓄積から、認知行動療法に関心が集まっている。その最初のものであるアルバート・エリスの論理療法は、セルフヘルプ向けの書籍を発行している。さらに特定の精神障害に向けた様々な認知行動療法のセルフヘルプマニュアルが発行されている。マインドフルネス認知療法は、瞑想的な技法だが、自助的な書籍も出版されている。そうしたものは書名に「ワークブック」の名を含んでいる場合がある。
rdfs:label
  • セルフヘルプ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:活動内容 of
is foaf:primaryTopic of