Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『セビリアの理髪師』(セビリアのりはつし)は、フランスの劇作家ボーマルシェの書いた風刺的な戯曲(フランス語原題:Le barbier de Séville ou la précaution inutile )、ならびに同戯曲を題材にジョアキーノ・ロッシーニの作曲した2幕のメロドランマ・ブッフォ(イタリア語原題:Il Barbiere di Siviglia )である。本項ではロッシーニのオペラについて扱う。なお、ロッシーニに先立ってジョヴァンニ・パイジエッロが同戯曲により同名のオペラを作曲している(1782年初演)が、ロッシーニ作品の成功によって忘れられた存在となった。なお、セビリア(Sevilla)はスペインの都市で、セビーリャ、セビージャとも表記されるが、イタリア語ではスィヴィッリャ(Siviglia)、フランス語ではセヴィーユ(Séville)、英語ではセヴィル(Seville)となる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 261268 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12642 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58928368 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『セビリアの理髪師』(セビリアのりはつし)は、フランスの劇作家ボーマルシェの書いた風刺的な戯曲(フランス語原題:Le barbier de Séville ou la précaution inutile )、ならびに同戯曲を題材にジョアキーノ・ロッシーニの作曲した2幕のメロドランマ・ブッフォ(イタリア語原題:Il Barbiere di Siviglia )である。本項ではロッシーニのオペラについて扱う。なお、ロッシーニに先立ってジョヴァンニ・パイジエッロが同戯曲により同名のオペラを作曲している(1782年初演)が、ロッシーニ作品の成功によって忘れられた存在となった。なお、セビリア(Sevilla)はスペインの都市で、セビーリャ、セビージャとも表記されるが、イタリア語ではスィヴィッリャ(Siviglia)、フランス語ではセヴィーユ(Séville)、英語ではセヴィル(Seville)となる。
rdfs:label
  • セビリアの理髪師
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:題名 of
is foaf:primaryTopic of