Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • セバスチャン・ラルー(Sébastien Lareau, 1973年4月27日 - )は、カナダ・ケベック州モントリオール出身の男子プロテニス選手。2000年のシドニー五輪男子ダブルスで、ダニエル・ネスターとペアを組んで金メダルを獲得した。4大大会でも1999年の全米オープンで、アメリカのアレックス・オブライエンとペアを組んで優勝している。ATPツアーでシングルス優勝はないが、ダブルスで通算17勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス76位、ダブルス4位。身長182cm、体重79kg、右利き。ラルーはジュニア時代、同じカナダのセバスチャン・ルブラン(Sébastien LeBlanc)とペアを組んで1990年の全仏オープンとウィンブルドンのジュニア男子ダブルス部門に2連勝を達成し、カナダに史上初の4大大会タイトルをもたらした。1991年にプロ入りし、その年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのカナダ代表選手となる。1996年と1997年の2年連続で、ラルーはアメリカのアレックス・オブライエンとペアを組んで全豪オープンの男子ダブルス決勝に進出したが、1996年はステファン・エドベリ&ペトル・コルダ組、1997年はオーストラリアのマーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ組に敗れ、2年連続準優勝に終わる。1996年のアトランタ五輪で、ラルーは初めてオリンピックのカナダ代表選手に選ばれたが、男子シングルス1回戦でスペイン代表のアルベルト・コスタに敗れた。(アトランタ五輪はシングルスのみの出場で、ダブルスには出ていない。)1998年4月に「ジャパン・オープン」で来日し、ダニエル・ネスターとのペアで優勝を飾る。1999年の全米オープン男子ダブルスで、ラルーとオブライエンはインドのマヘシュ・ブパシ&リーンダー・パエス組を 7-6, 6-4 で破り、4大大会初優勝を飾った。2000年のシドニー五輪男子ダブルスで、セバスチャン・ラルーはカナダ代表選手としてダニエル・ネスターとペアを組み、決勝でオーストラリアのマーク・ウッドフォードとトッド・ウッドブリッジの組を 5-7, 6-3, 6-4, 7-6 で破って金メダルを獲得した。ウッドフォードとウッドブリッジは、姓もよく似ていることから「ウッディーズ」(Woodies)と呼ばれた名コンビである。35歳のマーク・ウッドフォードは2000年限りでの現役引退を表明していたが、最後の年に地元開催のオリンピックで有終を飾ることができなかった。ラルーは2001年までデビスカップのカナダ代表選手を務め、デ杯通算「28勝19敗」の成績を残したが、2002年9月のトーナメントを最後に29歳で現役を引退した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 638434 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2618 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53153886 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • L226
prop-ja:name
  • セバスチャン・ラルー
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィンブルドン
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:ウィンブルドンダブルス
  • ベスト4(1998)
prop-ja:シングルス
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス最高
  • 76 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス通算
  • 99 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス
  • 17 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス優勝回数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス最高
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス通算
  • 266 (xsd:integer)
prop-ja:ツアー通算
  • 17 (xsd:integer)
prop-ja:デビュー年
  • 1991 (xsd:integer)
prop-ja:バックハンド
  • 片手打ち
prop-ja:体重
  • 79.0
prop-ja:全仏オープン
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:全仏オープンダブルス
  • ベスト8(2000)
prop-ja:全米オープン
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:全米オープンダブルス
  • 優勝(1999)
prop-ja:全豪オープン
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:全豪オープンダブルス
  • 準優勝(1996・97)
prop-ja:出身地
  • 同・ケベック州モントリオール
prop-ja:利き手
prop-ja:引退年
  • 2002 (xsd:integer)
prop-ja:生涯通算成績
  • 365 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 1973-04-27 (xsd:date)
prop-ja:身長
  • 182.0
prop-ja:選手名(日本語)_
  • セバスチャン・ラルー
prop-ja:選手名(英語)_
  • Sébastien Lareau
dcterms:subject
rdfs:comment
  • セバスチャン・ラルー(Sébastien Lareau, 1973年4月27日 - )は、カナダ・ケベック州モントリオール出身の男子プロテニス選手。2000年のシドニー五輪男子ダブルスで、ダニエル・ネスターとペアを組んで金メダルを獲得した。4大大会でも1999年の全米オープンで、アメリカのアレックス・オブライエンとペアを組んで優勝している。ATPツアーでシングルス優勝はないが、ダブルスで通算17勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス76位、ダブルス4位。身長182cm、体重79kg、右利き。ラルーはジュニア時代、同じカナダのセバスチャン・ルブラン(Sébastien LeBlanc)とペアを組んで1990年の全仏オープンとウィンブルドンのジュニア男子ダブルス部門に2連勝を達成し、カナダに史上初の4大大会タイトルをもたらした。1991年にプロ入りし、その年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのカナダ代表選手となる。1996年と1997年の2年連続で、ラルーはアメリカのアレックス・オブライエンとペアを組んで全豪オープンの男子ダブルス決勝に進出したが、1996年はステファン・エドベリ&ペトル・コルダ組、1997年はオーストラリアのマーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ組に敗れ、2年連続準優勝に終わる。1996年のアトランタ五輪で、ラルーは初めてオリンピックのカナダ代表選手に選ばれたが、男子シングルス1回戦でスペイン代表のアルベルト・コスタに敗れた。(アトランタ五輪はシングルスのみの出場で、ダブルスには出ていない。)1998年4月に「ジャパン・オープン」で来日し、ダニエル・ネスターとのペアで優勝を飾る。1999年の全米オープン男子ダブルスで、ラルーとオブライエンはインドのマヘシュ・ブパシ&リーンダー・パエス組を 7-6, 6-4 で破り、4大大会初優勝を飾った。2000年のシドニー五輪男子ダブルスで、セバスチャン・ラルーはカナダ代表選手としてダニエル・ネスターとペアを組み、決勝でオーストラリアのマーク・ウッドフォードとトッド・ウッドブリッジの組を 5-7, 6-3, 6-4, 7-6 で破って金メダルを獲得した。ウッドフォードとウッドブリッジは、姓もよく似ていることから「ウッディーズ」(Woodies)と呼ばれた名コンビである。35歳のマーク・ウッドフォードは2000年限りでの現役引退を表明していたが、最後の年に地元開催のオリンピックで有終を飾ることができなかった。ラルーは2001年までデビスカップのカナダ代表選手を務め、デ杯通算「28勝19敗」の成績を残したが、2002年9月のトーナメントを最後に29歳で現役を引退した。
rdfs:label
  • セバスチャン・ラルー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of