Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • セセオ(スペイン語: seseo)とは、スペイン語の音素 /θ/(“z”, “ce”, “ci”で書かれる)を /s/ と区別せず [s] と発音する現象のことで、中南米のほぼ全域、アンダルシア州(スペイン)の中部を中心とする地域、カナリア諸島などで見られる。そのように発音する人はセセイスタ (seseísta) またはセセアンテ (seseante) と呼ばれる。逆に “s” を [θ] と発音する “ceceo”(日本語表記は同じセセオ)という現象もあり、これはアンダルシア州南部で見られる。セビリアはもともと ceceo の地域であったが、現在は seseo が一般的。ラテンアメリカの一部地域では [s] と [θ] は異音であり、まれに “s” を [θ] と発音することもある。また、 ceceo においても “s” を常に [θ] と発音するのではなく、音声環境によっては [s] と発音することもある。 /θ/ と /s/ を区別する場合、 seseo、 ceceo の対照 例: casa 「家」 / caza「狩り」 区別する場合: [ˈkasa] / [ˈkaθa] seseo: どちらも [ˈkasa] ceceo: どちらも [ˈkaθa]/s/ の発音自体、セセオの地域とそれ以外の地域で差異がある。アンダルシアや中南米では英語の [s] と同じ発音をするが、スペイン中部・北部では舌を凹状にして調音され、やや [ʃ] に近く聞こえる。ガリシア語でも同様に /θ/ を [s] と発音する現象があり、これもセセオと呼ばれる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 730893 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2261 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56392443 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • セセオ(スペイン語: seseo)とは、スペイン語の音素 /θ/(“z”, “ce”, “ci”で書かれる)を /s/ と区別せず [s] と発音する現象のことで、中南米のほぼ全域、アンダルシア州(スペイン)の中部を中心とする地域、カナリア諸島などで見られる。そのように発音する人はセセイスタ (seseísta) またはセセアンテ (seseante) と呼ばれる。逆に “s” を [θ] と発音する “ceceo”(日本語表記は同じセセオ)という現象もあり、これはアンダルシア州南部で見られる。セビリアはもともと ceceo の地域であったが、現在は seseo が一般的。ラテンアメリカの一部地域では [s] と [θ] は異音であり、まれに “s” を [θ] と発音することもある。また、 ceceo においても “s” を常に [θ] と発音するのではなく、音声環境によっては [s] と発音することもある。 /θ/ と /s/ を区別する場合、 seseo、 ceceo の対照 例: casa 「家」 / caza「狩り」 区別する場合: [ˈkasa] / [ˈkaθa] seseo: どちらも [ˈkasa] ceceo: どちらも [ˈkaθa]/s/ の発音自体、セセオの地域とそれ以外の地域で差異がある。アンダルシアや中南米では英語の [s] と同じ発音をするが、スペイン中部・北部では舌を凹状にして調音され、やや [ʃ] に近く聞こえる。ガリシア語でも同様に /θ/ を [s] と発音する現象があり、これもセセオと呼ばれる。
rdfs:label
  • セセオ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of