Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • セシリー・ネヴィル (Cecily Neville, 1415年5月3日 - 1495年5月31日) は中世イングランドの貴婦人。ヨーク公リチャードの妻であり、2人のイングランド王 (エドワード4世、リチャード3世) の母でもある。セシリー・ネヴィルはウェストモーランド伯ラルフ・ネヴィルとジョウン・ボーフォートの娘であった。彼女の母方の祖父母はランカスター公ジョン・オブ・ゴーントとキャサリン・スウィンフォードであった。ジョン・オブ・ゴーントはイングランド国王エドワード3世と王妃フィリッパ・オブ・エノーの3番目の息子であった。セシリーにはいくつかの呼び名があった。「レヴィの薔薇」(彼女がダラムのレヴィ城で生まれたことに由来)「誇り高きシス」(彼女の誇り高い気質に由来)また、歴史的には彼女は信心深い人として知られている。彼女は自分では「Cecily」ではなく「Cecylle」と署名していた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 516691 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4371 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58918545 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • セシリー・ネヴィル (Cecily Neville, 1415年5月3日 - 1495年5月31日) は中世イングランドの貴婦人。ヨーク公リチャードの妻であり、2人のイングランド王 (エドワード4世、リチャード3世) の母でもある。セシリー・ネヴィルはウェストモーランド伯ラルフ・ネヴィルとジョウン・ボーフォートの娘であった。彼女の母方の祖父母はランカスター公ジョン・オブ・ゴーントとキャサリン・スウィンフォードであった。ジョン・オブ・ゴーントはイングランド国王エドワード3世と王妃フィリッパ・オブ・エノーの3番目の息子であった。セシリーにはいくつかの呼び名があった。「レヴィの薔薇」(彼女がダラムのレヴィ城で生まれたことに由来)「誇り高きシス」(彼女の誇り高い気質に由来)また、歴史的には彼女は信心深い人として知られている。彼女は自分では「Cecily」ではなく「Cecylle」と署名していた。
rdfs:label
  • セシリー・ネヴィル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:母親 of
is foaf:primaryTopic of