Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • セサモジル (Sesamodil) は、カルシウム拮抗剤である。セモチアジル (Semotiadil) とも呼ばれる。フマル酸塩の形で用いられる。ニフェジピン・ジルチアゼム・ニソルジピンなどの主要なカルシウム拮抗剤と比べ、作用持続時間が長く、より冠動脈・心筋に特異的に作用する。
dbpedia-owl:iupacName
  • (2R)-2-[2-[3-[2-(1,3-benzodioxol-5-yloxy)ethyl-methylamino]propoxy]-5-methoxyphenyl]-4-methyl-1,4-benzothiazin-3-one
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3004604 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1855 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51937862 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Sesamodil.png
prop-ja:iupacname
  • -2 (xsd:integer)
prop-ja:verifiedrevid
  • 343462898 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • セサモジル (Sesamodil) は、カルシウム拮抗剤である。セモチアジル (Semotiadil) とも呼ばれる。フマル酸塩の形で用いられる。ニフェジピン・ジルチアゼム・ニソルジピンなどの主要なカルシウム拮抗剤と比べ、作用持続時間が長く、より冠動脈・心筋に特異的に作用する。
rdfs:label
  • セサモジル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of