Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マリー・セゴレーヌ・ロワイヤル(Marie Ségolène Royal.ogg Ségolène Royal、1953年9月22日 - )は、フランスの政治家。社会党所属。植民地勤務の軍人の娘として、フランス領西アフリカの主都ダカール(現在のセネガルの首都ダカール)に生まれる(ちなみに実兄はフランス対外治安総局の将校)。2007年のシラク大統領の任期満了に伴うフランス大統領選挙(2007年4月22日、投開票)に立候補。史上初の女性大統領を目指したが、ニコラ・サルコジに敗れた。さらに2008年11月22日、フランス社会党党首選挙にも敗れる。また、社会党を脱党した他の候補者のため、2012年国民議会総選挙にも敗れた。2014年4月2日、マニュエル・ヴァルス内閣のエコロジー・持続可能開発・エネルギー大臣として入閣した。大臣として入閣後、ロワイヤルはポワトゥー=シャラント地域圏議会議長の職を辞した。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1953-09-22 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:party
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:school
dbpedia-owl:spouse
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 512264 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 197 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56950660 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:afternote
prop-ja:before
prop-ja:beforenote
prop-ja:title
  • 環境大臣
  • エコロジー・持続可能開発・エネルギー大臣
  • ポワトゥー=シャラント地域圏議会議長
  • 国民教育・研究・科学技術大臣付
  • 学校教育担当大臣
  • 家族・児童・障害者担当大臣
  • 雇用・連帯大臣付
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1992 (xsd:integer)
  • 1997 (xsd:integer)
  • 2000 (xsd:integer)
  • 2004 (xsd:integer)
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:その他職歴
prop-ja:ウェブサイト
prop-ja:サイトタイトル
  • Désirs d'avenir
prop-ja:サイン
  • Segolene Royal signature..jpg
prop-ja:人名
  • セゴレーヌ・ロワイヤル
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • フランス領西アフリカ、セネガル、ダカール、ウアカム
prop-ja:出身校
prop-ja:前職
prop-ja:国旗
  • FRA
  • Poitou-Charentes
prop-ja:就任日
  • --03-27
  • --04-02
  • --06-04
  • --06-19
  • --06-23
prop-ja:当選回数
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:所属政党
prop-ja:生年月日
  • 1953-09-22 (xsd:date)
prop-ja:画像
  • Ségolène Royal - Janvier 2012.jpg
prop-ja:画像説明
  • --01-28
prop-ja:職名
prop-ja:退任日
  • --03-27
  • --03-29
  • --04-25
  • --05-02
  • --05-06
  • --06-19
  • --07-04
  • 現職
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • マリー・セゴレーヌ・ロワイヤル(Marie Ségolène Royal.ogg Ségolène Royal、1953年9月22日 - )は、フランスの政治家。社会党所属。植民地勤務の軍人の娘として、フランス領西アフリカの主都ダカール(現在のセネガルの首都ダカール)に生まれる(ちなみに実兄はフランス対外治安総局の将校)。2007年のシラク大統領の任期満了に伴うフランス大統領選挙(2007年4月22日、投開票)に立候補。史上初の女性大統領を目指したが、ニコラ・サルコジに敗れた。さらに2008年11月22日、フランス社会党党首選挙にも敗れる。また、社会党を脱党した他の候補者のため、2012年国民議会総選挙にも敗れた。2014年4月2日、マニュエル・ヴァルス内閣のエコロジー・持続可能開発・エネルギー大臣として入閣した。大臣として入閣後、ロワイヤルはポワトゥー=シャラント地域圏議会議長の職を辞した。
rdfs:label
  • セゴレーヌ・ロワイヤル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • セゴレーヌ・ロワイヤル
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:candidato of
is prop-ja:主席閣僚氏名 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of