Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • セクストゥス・ポンペイウス(ラテン語: Sextus Pompeius, ? - 紀元前35年)は、共和政ローマ末期の軍人・政治家。第一回三頭政治の一角であったグナエウス・ポンペイウスと3番目の妻ムキアの次男。グナエウス・ポンペイウス・ミノル(小ポンペイウス)の弟。父の死後は元老院派の重要人物として、ヒスパニアを拠点にカエサルへの抵抗を続けた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 590465 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1198 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47075328 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • セクストゥス・ポンペイウス(ラテン語: Sextus Pompeius, ? - 紀元前35年)は、共和政ローマ末期の軍人・政治家。第一回三頭政治の一角であったグナエウス・ポンペイウスと3番目の妻ムキアの次男。グナエウス・ポンペイウス・ミノル(小ポンペイウス)の弟。父の死後は元老院派の重要人物として、ヒスパニアを拠点にカエサルへの抵抗を続けた。
rdfs:label
  • セクストゥス・ポンペイウス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is foaf:primaryTopic of