Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スールムナマギ(エストニア語:Suur Munamägi)はエストニアの東南の隅に位置する丘である。意味はエストニア語で“大卵山”。標高は318メートル、エストニアだけではなく、バルト三国の最高峰として知られている。高さ29メートルの展望台が建てられ、ロシアやラトビア領まで望める。
dbpedia-owl:address
  • ヴォル県
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2917209 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1062 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56935132 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • スールムナマギ
prop-ja:所在地
  • ヴォル県
prop-ja:標高
  • 318 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • 森林に覆われた小さい丘のスールムナマギ
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • スールムナマギ(エストニア語:Suur Munamägi)はエストニアの東南の隅に位置する丘である。意味はエストニア語で“大卵山”。標高は318メートル、エストニアだけではなく、バルト三国の最高峰として知られている。高さ29メートルの展望台が建てられ、ロシアやラトビア領まで望める。
rdfs:label
  • スールムナマギ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • スールムナマギ
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of