Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スーパーマリン スピットファイア (Supermarine Spitfire) は、イギリスで開発されたスーパーマリン製単発レシプロ単座戦闘機である。第二次世界大戦においてイギリス空軍を始めとする連合軍で使用された。バトル・オブ・ブリテンの際、イギリスをドイツ空軍の手から救った救国戦闘機として有名である。楕円形の特徴的な主翼を持ち、翼断面は高速を発揮するために薄かった。主任設計技師であるR.J.ミッチェル(1937年死去)とジョセフ・スミスを始めとする彼の後継者たちによって設計されたスピットファイアは、パイロットたちからの支持は厚く、第二次世界大戦のさまざまな状況で活躍した。基本設計が優秀であったことと、戦況に応じたエンジンの出力向上(しかも排気量はグリフォン・エンジンまで変化していない)によって長期間にわたり活躍し、23,000機あまりが生産され、1950年代まで使用された。 
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 23000 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 56034 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 36272 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59102942 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン名(プロペラ)_
prop-ja:エンジン数(プロペラ)_
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:エンジン種類(プロペラ)_
  • (ブースト圧 +25 lb/ft²)過給機付きV型12気筒 150 オクタンガソリン 水冷エンジン
prop-ja:キャプション
  • スピットファイア Mk XVI
prop-ja:ジェットOrプロペラ?_
  • プロペラ
prop-ja:スパンFp
  • 990.6
prop-ja:スパンSi
  • 9.9 m
prop-ja:フェリーレンジFp
  • 980.0
prop-ja:フェリーレンジSi
  • 1577.0
prop-ja:上昇率Fp
  • 4745.0
prop-ja:上昇率Si
  • 182880.0
prop-ja:上昇限度Fp
  • 42500.0
prop-ja:上昇限度Si
  • 12,954 m
prop-ja:乗員
  • パイロット 1名
prop-ja:全長Fp
  • 947.42
prop-ja:全長Si
  • 9.47 m
prop-ja:全高Fp
  • 386.08
prop-ja:全高Si
  • 3.86 m
prop-ja:出典
  • Spitfire: The History
prop-ja:出力Fp
  • 1720.0
prop-ja:出力Si
  • 201180.0
prop-ja:初飛行年月日
  • --03-05
prop-ja:名称
  • スーパーマリン スピットファイア
prop-ja:固定武装
  • イスパノ・スイザ Mk II 20 mm 機関砲(1門120発) × 2、ブローニング M2 12.7 mm 機関銃(1門250発) × 2
prop-ja:固定翼Or回転翼?_
  • 固定翼
prop-ja:戦闘行動半径Fp
  • 434.0
prop-ja:戦闘行動半径Si
  • 698.0
prop-ja:最大速度Fp
  • 404.0
prop-ja:最大速度Si
  • 384000.0
prop-ja:爆弾
  • ** 胴体下:230 kg(500 lb)爆弾 × 1 ** 翼下:110 kg(250 lb)爆弾 × 2
prop-ja:生産数
  • 約23,000機
prop-ja:用途
prop-ja:画像
  • ファイル:Image-Supermarine Spitfire Mk XVI NR crop.jpg
prop-ja:空虚重量Fp
  • 5090.0
prop-ja:空虚重量Si
  • 2309.0
prop-ja:翼面(円板)荷重Fp
  • 30.600000 (xsd:double)
prop-ja:翼面(円板)荷重Si
  • 149 (xsd:integer)
prop-ja:製造者
prop-ja:設計者
prop-ja:運用時重量Fp
  • 7400.0
prop-ja:運用時重量Si
  • 3354.0
prop-ja:運用状況
  • 退役
prop-ja:運用者More
  • **(主にイギリス空軍) **海外の主な運用国
prop-ja:運用開始年月日
  • 1938 (xsd:integer)
prop-ja:面積Fp
  • 231 (xsd:integer)
prop-ja:面積Si
  • 21.460000 (xsd:double)
prop-ja:馬力荷重Fp
  • 0.230000 (xsd:double)
prop-ja:馬力荷重Si
  • 0.390000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • スーパーマリン スピットファイア (Supermarine Spitfire) は、イギリスで開発されたスーパーマリン製単発レシプロ単座戦闘機である。第二次世界大戦においてイギリス空軍を始めとする連合軍で使用された。バトル・オブ・ブリテンの際、イギリスをドイツ空軍の手から救った救国戦闘機として有名である。楕円形の特徴的な主翼を持ち、翼断面は高速を発揮するために薄かった。主任設計技師であるR.J.ミッチェル(1937年死去)とジョセフ・スミスを始めとする彼の後継者たちによって設計されたスピットファイアは、パイロットたちからの支持は厚く、第二次世界大戦のさまざまな状況で活躍した。基本設計が優秀であったことと、戦況に応じたエンジンの出力向上(しかも排気量はグリフォン・エンジンまで変化していない)によって長期間にわたり活躍し、23,000機あまりが生産され、1950年代まで使用された。 
rdfs:label
  • スーパーマリン スピットファイア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • スーパーマリン スピットファイア
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:作戦機 of
is foaf:primaryTopic of