Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スルト (Saturn XLVIII Surtur) は、土星の衛星のひとつ。北欧群に属する。仮符号 S/2006 S7。北欧神話のラグナロクの物語に登場する炎の巨人の王スルトから名づけられた。スルトは黒という意味がある。直径約6kmの小さな成分不明の岩塊。2006年にすばる望遠鏡で発見された。国際天文学連合(IAU)の命名ワーキンググループ(WGPSN)が固有の名前を発表した。
dbpedia-owl:colour
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1022172 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1294 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48545183 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主惑星
prop-ja:仮符号・別名
  • 仮符号S/2006 S7
  • 別名Saturn XLVIII
prop-ja:公転周期
  • -1242.360000 (xsd:double)
prop-ja:和名
  • スルト
prop-ja:平均直径
  • ~6km
prop-ja:平均距離
  • 22,288,916m
prop-ja:平均距離対象
  • 土星
prop-ja:発見年
  • 2006 (xsd:integer)
prop-ja:発見方法
  • すばる望遠鏡
prop-ja:
  • 衛星
prop-ja:英名
  • Surtur
prop-ja:軌道傾斜角
  • 166.918000 (xsd:double)
prop-ja:離心率
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • スルト (Saturn XLVIII Surtur) は、土星の衛星のひとつ。北欧群に属する。仮符号 S/2006 S7。北欧神話のラグナロクの物語に登場する炎の巨人の王スルトから名づけられた。スルトは黒という意味がある。直径約6kmの小さな成分不明の岩塊。2006年にすばる望遠鏡で発見された。国際天文学連合(IAU)の命名ワーキンググループ(WGPSN)が固有の名前を発表した。
rdfs:label
  • スルト (衛星)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of