Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スルツク公国(ベラルーシ語: Слуцкае княства)は、12世紀から14世紀にかけてトゥーロフ圏に存在したルーシの分領公国である 。1160年に分離し、1190年代に独自の公国として確立した。15世紀から18世紀にかけてはリトアニア大公国(ルブリン合同よりポーランド・リトアニア共和国)に属した。首都はスルツクに置かれた。ネマン川、ラニ川からプツィチ川、プリピャチ川にかけての領域を統治し、公国領にはスルツク、コプィリ、ペトリコフ(ru)、ウレチエ(ru)、リュバニ、スタルィエ・ドロギ(ru)等の都市が含まれていた。(留意事項):本頁の地名・人名は便宜上ロシア語からの転写に統一している(例:リトアニア語:スルスカス、ポーランド語:スウツクを「スルツク」に統一) 。リトアニア語・ポーランド語・ベラルーシ語表記についてはリンク先を参照されたし。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3067323 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12660 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 94 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57401003 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • S:スルツク公国 K:クレツク公国
  • T:トゥーロフ公国 P:ピンスク公国
  • ポイントは公国の首都の位置のみを示す。国境線は2014年現在。
  • KI:キエフ公国 V:ヴォルィーニ公国
  • 周辺の主な公国
  • D:ドゥブロヴィツァ公国 ST:ステパニ公国
  • トゥーロフと分領公国(キエフ・ルーシ期)
prop-ja:cheight
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:cropMap
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:cwidth
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:float
  • right
prop-ja:oleft
  • 1105 (xsd:integer)
prop-ja:otop
  • 750 (xsd:integer)
prop-ja:relief
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:resizex
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:resizey
  • 1728 (xsd:integer)
prop-ja:width
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スルツク公国(ベラルーシ語: Слуцкае княства)は、12世紀から14世紀にかけてトゥーロフ圏に存在したルーシの分領公国である 。1160年に分離し、1190年代に独自の公国として確立した。15世紀から18世紀にかけてはリトアニア大公国(ルブリン合同よりポーランド・リトアニア共和国)に属した。首都はスルツクに置かれた。ネマン川、ラニ川からプツィチ川、プリピャチ川にかけての領域を統治し、公国領にはスルツク、コプィリ、ペトリコフ(ru)、ウレチエ(ru)、リュバニ、スタルィエ・ドロギ(ru)等の都市が含まれていた。(留意事項):本頁の地名・人名は便宜上ロシア語からの転写に統一している(例:リトアニア語:スルスカス、ポーランド語:スウツクを「スルツク」に統一) 。リトアニア語・ポーランド語・ベラルーシ語表記についてはリンク先を参照されたし。
rdfs:label
  • スルツク公国
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of