Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スモールボール(Small ball)は、野球における戦略の一つである。機動力や小技(バントなど)を特に重視する。スモール・ベースボール(Small Baseball)とも呼ばれる。対語は、ビッグボール。MLBのロサンゼルス・ドジャースの名スカウト、アル・キャンパニスが『ドジャースの戦法』を著して定型化した。かつてはドジャース戦法と呼ばれ、スモールボールと言われるようになったのはごく最近のことである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 615482 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5428 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 62 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59186485 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --01-01
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スモールボール(Small ball)は、野球における戦略の一つである。機動力や小技(バントなど)を特に重視する。スモール・ベースボール(Small Baseball)とも呼ばれる。対語は、ビッグボール。MLBのロサンゼルス・ドジャースの名スカウト、アル・キャンパニスが『ドジャースの戦法』を著して定型化した。かつてはドジャース戦法と呼ばれ、スモールボールと言われるようになったのはごく最近のことである。
rdfs:label
  • スモールボール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of