Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スモークハラスメント(通称スモハラ)とは、職場などにおいて自己の意思に反して喫煙者が非喫煙者に対して喫煙することを強制したり、たばこの煙にさらされるなど、いわゆる「喫煙に関する嫌がらせ行為」を意味する日本語の造語(和製英語)であり、山本由美子によって提唱された。一般的な労働現場や関連する業務中など、主に上司からの喫煙の許可若しくは非喫煙者に対して喫煙することの強要を断り切れず、喫煙若しくは受動喫煙を避けられない状況を強いられるような、喫煙にまつわるハラスメント行為全般を意味しており、パワーハラスメントの範疇に含まれるケースもある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 676381 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1938 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58300550 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スモークハラスメント(通称スモハラ)とは、職場などにおいて自己の意思に反して喫煙者が非喫煙者に対して喫煙することを強制したり、たばこの煙にさらされるなど、いわゆる「喫煙に関する嫌がらせ行為」を意味する日本語の造語(和製英語)であり、山本由美子によって提唱された。一般的な労働現場や関連する業務中など、主に上司からの喫煙の許可若しくは非喫煙者に対して喫煙することの強要を断り切れず、喫煙若しくは受動喫煙を避けられない状況を強いられるような、喫煙にまつわるハラスメント行為全般を意味しており、パワーハラスメントの範疇に含まれるケースもある。
rdfs:label
  • スモークハラスメント
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of