Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スメル山 (Gunung Semeru) とは、インドネシアのジャワ島にある山。ジャワ島の最高峰であり、標高は 3,676m。最も活動している火山の1つである。別名マハメル(「偉大な山」の意)。ジャワ島の東側の海岸平野に忽然とそびえる急峻な山で、山頂の火口には火口湖がある。テンゲル火山群の南端にある。山名は古代インドにおいて世界の中心にそびえる聖山とされていた須弥山(スメール山)に由来する。スメル山の噴火歴は多い。1818年以降少なくとも55回の噴火が記録されており、そのうち10回の噴火では犠牲者が出ている。溶岩流や火砕流が記録されている。やや規則的に中規模の噴火を繰り返す。1967年以降は定常的に噴火を繰り返し、10分おきぐらいに小爆発を繰り返している。この山には常に登山者が登っており、北側にあるRanoPani村から登ることが多い。しかし、火山ガスによる犠牲者も出ている。
dbpedia-owl:address
  • 東ジャワ州
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1034278 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1647 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54198360 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • スメル山
prop-ja:所在地
prop-ja:最新噴火
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:標高
  • 3676 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • (スメル山、2004年撮影。手前にある火山はブロモ山。)
prop-ja:種類
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • スメル山 (Gunung Semeru) とは、インドネシアのジャワ島にある山。ジャワ島の最高峰であり、標高は 3,676m。最も活動している火山の1つである。別名マハメル(「偉大な山」の意)。ジャワ島の東側の海岸平野に忽然とそびえる急峻な山で、山頂の火口には火口湖がある。テンゲル火山群の南端にある。山名は古代インドにおいて世界の中心にそびえる聖山とされていた須弥山(スメール山)に由来する。スメル山の噴火歴は多い。1818年以降少なくとも55回の噴火が記録されており、そのうち10回の噴火では犠牲者が出ている。溶岩流や火砕流が記録されている。やや規則的に中規模の噴火を繰り返す。1967年以降は定常的に噴火を繰り返し、10分おきぐらいに小爆発を繰り返している。この山には常に登山者が登っており、北側にあるRanoPani村から登ることが多い。しかし、火山ガスによる犠牲者も出ている。
rdfs:label
  • スメル山
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • スメル山
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of