スペースシャトル(英: Space Shuttle)は、かつてアメリカ航空宇宙局 (NASA) が1981年から2011年にかけて135回打ち上げていた、再使用をコンセプトに含んだ有人宇宙船である。 もともと「再使用」というコンセプトが強調されていた。しかし、結果として出来上がったシステムでは、オービタ部分は繰り返し使用されたものの、打ち上げられる各部分の全てが再利用できていたわけではなく、外部燃料タンクなどは基本的には使い捨てである。

Property Value
dbo:abstract
  • スペースシャトル(英: Space Shuttle)は、かつてアメリカ航空宇宙局 (NASA) が1981年から2011年にかけて135回打ち上げていた、再使用をコンセプトに含んだ有人宇宙船である。 もともと「再使用」というコンセプトが強調されていた。しかし、結果として出来上がったシステムでは、オービタ部分は繰り返し使用されたものの、打ち上げられる各部分の全てが再利用できていたわけではなく、外部燃料タンクなどは基本的には使い捨てである。 (ja)
  • スペースシャトル(英: Space Shuttle)は、かつてアメリカ航空宇宙局 (NASA) が1981年から2011年にかけて135回打ち上げていた、再使用をコンセプトに含んだ有人宇宙船である。 もともと「再使用」というコンセプトが強調されていた。しかし、結果として出来上がったシステムでは、オービタ部分は繰り返し使用されたものの、打ち上げられる各部分の全てが再利用できていたわけではなく、外部燃料タンクなどは基本的には使い捨てである。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 577 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 57277 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81555766 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:altBoosterthrust
  • 12.454
prop-ja:altBoostertt
  • 24.909
prop-ja:altDiameter
  • 8.69m (ja)
  • 8.69m (ja)
prop-ja:altHeight
  • 56.083m (ja)
  • 56.083m (ja)
prop-ja:altLeo
  • 53600 (xsd:integer)
prop-ja:altMass
  • 2028 (xsd:integer)
prop-ja:altPayload
  • 8390 (xsd:integer)
prop-ja:altStage1thrust
  • 5.443
prop-ja:altStage2thrust
  • 53.0kN (ja)
  • 53.0kN (ja)
prop-ja:boosterengines
  • 固体燃料モーター (ja)
  • 固体燃料モーター (ja)
prop-ja:boosterfuel
prop-ja:boostername
  • 固体燃料補助ロケット (ja)
  • 固体燃料補助ロケット (ja)
prop-ja:boosters
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:boostersi
  • 237 (xsd:integer)
  • 269 (xsd:integer)
prop-ja:boosterthrust
  • 1270 (xsd:integer)
prop-ja:boostertime
  • 123.800000 (xsd:double)
  • 124 (xsd:integer)
prop-ja:boostertt
  • 2540 (xsd:integer)
prop-ja:caption
  • ジュピターの共通コアステージはスペースシャトルの主要な部材を流用 (ja)
  • STS-120におけるディスカバリー号の発射 (ja)
  • ジュピターの共通コアステージはスペースシャトルの主要な部材を流用 (ja)
  • STS-120におけるディスカバリー号の発射 (ja)
prop-ja:date
  • 2007 (xsd:integer)
prop-ja:diameter
  • 28 (xsd:integer)
prop-ja:fail
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:first
  • --04-12
prop-ja:function
  • 一部再使用型有人宇宙船 (ja)
  • 無人及び有人ロケット (ja)
  • 一部再使用型有人宇宙船 (ja)
  • 無人及び有人ロケット (ja)
prop-ja:height
  • 184 (xsd:integer)
prop-ja:launches
  • 0 (xsd:integer)
  • 135 (xsd:integer)
prop-ja:leoPayload
  • 24400.0
prop-ja:manufacturer
prop-ja:mass
  • 4470000 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • スペースシャトル (ja)
  • ジュピター (ja)
  • スペースシャトル (ja)
  • ジュピター (ja)
prop-ja:payload
  • 3810.0
prop-ja:payload2Location
  • LEO (ja)
  • LEO (ja)
prop-ja:payloadLocation
  • GTO (ja)
  • LEO (ja)
  • GTO (ja)
  • LEO (ja)
prop-ja:payloads
prop-ja:plannedretirement
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:sites
prop-ja:stage1adiff
  • ジュピター-130 / ジュピター-246 (ja)
  • ジュピター-130 / ジュピター-246 (ja)
prop-ja:stage1engines
  • SSME 3基 (ja)
  • SSME-blockII 3基 / 4基 (ja)
  • SSME 3基 (ja)
  • SSME-blockII 3基 / 4基 (ja)
prop-ja:stage1fuel
prop-ja:stage1name
  • 共通コアステージ (ja)
  • 軌道船と外部燃料タンク (ja)
  • 共通コアステージ (ja)
  • 軌道船と外部燃料タンク (ja)
prop-ja:stage1si
  • 361.400000 (xsd:double)
  • 455 (xsd:integer)
prop-ja:stage1thrust
  • 555 (xsd:integer)
  • / (ja)
prop-ja:stage1time
  • 480 (xsd:integer)
  • 524.500000 (xsd:double)
prop-ja:stage2adiff
  • ジュピター-246 (ja)
  • ジュピター-246 (ja)
prop-ja:stage2engines
  • OMS 2基 (ja)
  • RL10B-2 6基 (ja)
  • OMS 2基 (ja)
  • RL10B-2 6基 (ja)
prop-ja:stage2fuel
prop-ja:stage2name
  • ジュピター上段 (ja)
  • 軌道船 (ja)
  • ジュピター上段 (ja)
  • 軌道船 (ja)
prop-ja:stage2si
  • 316 (xsd:integer)
  • 459 (xsd:integer)
prop-ja:stage2thrust
  • 5400.0
prop-ja:stage2time
  • 609.900000 (xsd:double)
  • 1250 (xsd:integer)
prop-ja:stages
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:status
  • 退役 (ja)
  • 開発中 (ja)
  • 退役 (ja)
  • 開発中 (ja)
prop-ja:success
  • 133 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • スペースシャトル(英: Space Shuttle)は、かつてアメリカ航空宇宙局 (NASA) が1981年から2011年にかけて135回打ち上げていた、再使用をコンセプトに含んだ有人宇宙船である。 もともと「再使用」というコンセプトが強調されていた。しかし、結果として出来上がったシステムでは、オービタ部分は繰り返し使用されたものの、打ち上げられる各部分の全てが再利用できていたわけではなく、外部燃料タンクなどは基本的には使い捨てである。 (ja)
  • スペースシャトル(英: Space Shuttle)は、かつてアメリカ航空宇宙局 (NASA) が1981年から2011年にかけて135回打ち上げていた、再使用をコンセプトに含んだ有人宇宙船である。 もともと「再使用」というコンセプトが強調されていた。しかし、結果として出来上がったシステムでは、オービタ部分は繰り返し使用されたものの、打ち上げられる各部分の全てが再利用できていたわけではなく、外部燃料タンクなどは基本的には使い捨てである。 (ja)
rdfs:label
  • スペースシャトル (ja)
  • スペースシャトル (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:associated of
is prop-ja:configurationCaption of
is prop-ja:launchVehicle of
is prop-ja:rockets of
is prop-ja:spacecraftType of
is prop-ja:打上げ機 of
is foaf:primaryTopic of