Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スペンサー・パーシヴァル (Spencer Perceval, 1762年11月1日 - 1812年5月11日)は、イギリスの政治家。イギリス史上唯一の、暗殺された首相である。アイルランド貴族の第2代エグモント伯ジョン・パーシヴァルの七男として生まれた。父はプリンス・オブ・ウェールズ、フレデリック・ルイスの側近であったが、彼が10歳の時に亡くなった。ハーロー校からケンブリッジ大学トリニティ・カレッジへ進んだ。法廷弁護士として働いた後、1796年に議員となった。自身のイングランド国教会エヴァンジェリカル運動への信仰から、ウィリアム・ピットの推し進めたカトリック解放法案には賛成していなかった。彼が大蔵大臣を務めた頃、ウィリアム・ウィルバーフォースの提出した奴隷貿易廃止案が可決された。また、ナポレオン・ボナパルトによる大陸封鎖で外国貿易が損害を被っており、1811年にはラッダイト運動が巻き起こった。ジョージ3世が回復する見込みのない精神障害に陥ると、パーシヴァルはこれをいかに切り抜けるかを問題とした。摂政王太子をたびたび務めてきたプリンス・オブ・ウェールズ、ジョージ(のちのジョージ4世)と彼は対立関係にあった。ジョージが王室費の増額を求めるたびはねつけてきたのを根に持たれており、ジョージはホイッグ好みでパーシヴァルを罷免する気であった。しかし、ジョージの側近たちがパーシヴァル罷免を思いとどまらせたため、王太子と首相は緊張関係にあった。1812年5月11日、パーシヴァル政権の経済政策に不満を持つ精神障害者ジョン・ベリンガムによって、パーシヴァルは下院のロビーで至近距離から銃弾を浴び、即死した。
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1812-05-11 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:party
dbpedia-owl:school
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1156797 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2017 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56268187 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --01-01
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1812年没
prop-ja:人名
  • スペンサー・パーシヴァル
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
prop-ja:出生地
  • ロンドン オードリースクエア
prop-ja:出身校
prop-ja:各国語表記
  • Spencer Perceval
prop-ja:国旗
  • GBR
prop-ja:就任日
  • --10-04
prop-ja:所属政党
prop-ja:死没地
  • ロンドン
prop-ja:没年月日
  • 1812-05-11 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --11-01
prop-ja:画像
  • Spencer Perceval.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:職名
  • 第21代 イギリス首相
prop-ja:退任日
  • --05-11
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • スペンサー・パーシヴァル (Spencer Perceval, 1762年11月1日 - 1812年5月11日)は、イギリスの政治家。イギリス史上唯一の、暗殺された首相である。アイルランド貴族の第2代エグモント伯ジョン・パーシヴァルの七男として生まれた。父はプリンス・オブ・ウェールズ、フレデリック・ルイスの側近であったが、彼が10歳の時に亡くなった。ハーロー校からケンブリッジ大学トリニティ・カレッジへ進んだ。法廷弁護士として働いた後、1796年に議員となった。自身のイングランド国教会エヴァンジェリカル運動への信仰から、ウィリアム・ピットの推し進めたカトリック解放法案には賛成していなかった。彼が大蔵大臣を務めた頃、ウィリアム・ウィルバーフォースの提出した奴隷貿易廃止案が可決された。また、ナポレオン・ボナパルトによる大陸封鎖で外国貿易が損害を被っており、1811年にはラッダイト運動が巻き起こった。ジョージ3世が回復する見込みのない精神障害に陥ると、パーシヴァルはこれをいかに切り抜けるかを問題とした。摂政王太子をたびたび務めてきたプリンス・オブ・ウェールズ、ジョージ(のちのジョージ4世)と彼は対立関係にあった。ジョージが王室費の増額を求めるたびはねつけてきたのを根に持たれており、ジョージはホイッグ好みでパーシヴァルを罷免する気であった。しかし、ジョージの側近たちがパーシヴァル罷免を思いとどまらせたため、王太子と首相は緊張関係にあった。1812年5月11日、パーシヴァル政権の経済政策に不満を持つ精神障害者ジョン・ベリンガムによって、パーシヴァルは下院のロビーで至近距離から銃弾を浴び、即死した。
rdfs:label
  • スペンサー・パーシヴァル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • スペンサー・パーシヴァル
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:内閣 of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is foaf:primaryTopic of