Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スプリングフィールドM1873 トラップドア(英:U.S.Springfield Model 1873 Trapdoor)は、アメリカ陸軍に採用された、最初の標準装備となった後装式ライフルである。歩兵銃型と騎兵銃(カービン)型のヴァリエーションがあった。歩兵銃とカービンの両方ともに、ブラックヒルズ戦争とインディアンに対するその後の戦いで広く使用され、一部は米西戦争と米比戦争でも使用された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2134008 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2761 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58109247 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:バリエーション
  • カービンモデル、カデットモデル
prop-ja:作動方式
  • ヒンジ式ブリーチブロック、回転式尾栓
prop-ja:使用弾薬
  • 0.450000 (xsd:double)
prop-ja:全長
  • 1317.6
prop-ja:口径
  • 45 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • スプリングフィールドM1873
prop-ja:年代
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:戦争
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:発射速度
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:種別
  • 軍用小銃
prop-ja:種類
  • 後装式ライフル銃
prop-ja:装弾数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:製造数
  • 約70万挺
prop-ja:製造期間
  • 1873 (xsd:integer)
prop-ja:設計・製造
prop-ja:設計年
  • 1873 (xsd:integer)
prop-ja:説明
  • スプリングフィールドM1873 トラップドア歩兵銃
prop-ja:配備先
prop-ja:配備期間
  • 1873 (xsd:integer)
prop-ja:銃口初速
  • 410 (xsd:integer)
prop-ja:銃身長
  • 32.625000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スプリングフィールドM1873 トラップドア(英:U.S.Springfield Model 1873 Trapdoor)は、アメリカ陸軍に採用された、最初の標準装備となった後装式ライフルである。歩兵銃型と騎兵銃(カービン)型のヴァリエーションがあった。歩兵銃とカービンの両方ともに、ブラックヒルズ戦争とインディアンに対するその後の戦いで広く使用され、一部は米西戦争と米比戦争でも使用された。
rdfs:label
  • スプリングフィールドM1873
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of