Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スプリングフィールドM1861は南北戦争中にアメリカ陸軍(北軍)及び海兵隊が使用したミニエー形式のライフル・マスケットである。製造場所であるマサチューセッツ州スプリングフィールドにちなんで、「スプリングフィールド」と一般に呼ばれている。南北戦争中に、北軍で最も多く使用された小銃であり、その射程、正確さ、および信頼性から好まれた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2562653 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3473 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49806243 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:作動方式
prop-ja:使用弾薬
  • 0.580000 (xsd:double)
prop-ja:全長
  • 1.4m
prop-ja:口径
  • 58 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • スプリングフィールドM1861
prop-ja:年代
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:戦争
prop-ja:最大射程
  • 54600.0
prop-ja:有効射程
  • 22200.0
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:発射速度
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:種類
  • 前装式ライフル銃
prop-ja:装弾数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:製造数
  • ~100万挺
prop-ja:製造期間
  • 1860 (xsd:integer)
prop-ja:設計・製造
prop-ja:設計年
  • 1861 (xsd:integer)
prop-ja:説明
  • スプリングフィールドM1861
prop-ja:配備先
  • アメリカ連合国北軍
prop-ja:配備期間
  • 1861 (xsd:integer)
prop-ja:重量
  • 4100.0
prop-ja:銃身長
  • 40 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スプリングフィールドM1861は南北戦争中にアメリカ陸軍(北軍)及び海兵隊が使用したミニエー形式のライフル・マスケットである。製造場所であるマサチューセッツ州スプリングフィールドにちなんで、「スプリングフィールド」と一般に呼ばれている。南北戦争中に、北軍で最も多く使用された小銃であり、その射程、正確さ、および信頼性から好まれた。
rdfs:label
  • スプリングフィールドM1861
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of