Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スプリッターベーンとは、境界層をインテークから吸い込まないようにするために設けられたものである。機体表面には、境界層と呼ばれるごく薄い空気の層が流れており、通常の空気とともにエンジンに吸い込んでしまうとエンジンの効率が下がり性能低下を引き起こす。これを防ぐために設けられたのが本機構で、インテーク前に多数の細かい穴を設け、その穴から境界層気流を吸い込むことで境界層の侵入を防止している。なお、境界層を吸い込むことはバズという振動を発生させる原因となるため、通常ベーンと機体との間には隙間が設けられている。この例外としてはYF-23がある。また、F-4戦闘機においては衝撃波の緩和機能が持たされている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3014907 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1912 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57576786 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • F-4のスプリッターベーン。隙間がある
  • F-4のスプリッターベーン。表面に多数の穴があけられている
prop-ja:direction
  • vertical
prop-ja:image
  • Airforce Museum Berlin-Gatow 424.JPG
  • Royal Military Museum Brussels 2007 230.JPG
prop-ja:width
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スプリッターベーンとは、境界層をインテークから吸い込まないようにするために設けられたものである。機体表面には、境界層と呼ばれるごく薄い空気の層が流れており、通常の空気とともにエンジンに吸い込んでしまうとエンジンの効率が下がり性能低下を引き起こす。これを防ぐために設けられたのが本機構で、インテーク前に多数の細かい穴を設け、その穴から境界層気流を吸い込むことで境界層の侵入を防止している。なお、境界層を吸い込むことはバズという振動を発生させる原因となるため、通常ベーンと機体との間には隙間が設けられている。この例外としてはYF-23がある。また、F-4戦闘機においては衝撃波の緩和機能が持たされている。
rdfs:label
  • スプリッターベーン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of