Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スピリット・201は、スピリット・レーシングが開発したフォーミュラカー。1982年から1984年までヨーロッパF2選手権に投入され、1983年にはF1世界選手権に投入された。フォーミュラ2では2リッターの自然吸気エンジンが搭載された。フォーミュラ1では、ホンダ製の1.5リッターターボエンジンが搭載された。デビュー戦はノンタイトル戦のレース・オブ・チャンピオンズで、ドライバーはステファン・ヨハンソンであった。ヨハンソンの予選順位は13台中12位(ジャン=ルイ・シュレッサーのRAMマーチは予選ノータイム)であった。レースではラップリードを記録して10位まで上昇したが、4ラップ目にエンジンブローによりリタイアした。世界選手権での初戦はシルバーストンで行われたイギリスグランプリであった。改良された201Cをドライブしたヨハンソンは予選で15位を記録した。しかしながらレース当日の朝、エンジンに問題が生じたため201での出走を余儀なくされた。レースでは5ラップ目に燃料システムのトラブルでリタイアとなる。201Cは結局ドイツとオランダで出走し、他のレースは201での出走となった。ベストリザルトはオランダでの7位であった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2557707 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3654 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 63 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53626538 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:turbo/na
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • ホンダ RA163E
prop-ja:エンジン形式
  • 80 (xsd:integer)
prop-ja:カテゴリー
prop-ja:ギアボックス
prop-ja:ギア形式
prop-ja:コンストラクター
prop-ja:コンストラクターズタイトル
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:サスペンション(前)_
prop-ja:サスペンション(後)_
prop-ja:シャシー
  • アルミニウムハニカムモノコック
prop-ja:タイヤ
prop-ja:チーム
prop-ja:デザイナー
prop-ja:トレッド
  • 前:1,753 mm / 後:1,626 mm
prop-ja:ドライバー
  • 40 (xsd:integer)
prop-ja:ドライバーズタイトル
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:ファステストラップ
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:ホイールベース
  • 2540.0
prop-ja:ポールポジション
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:マシン名
  • スピリット・201
  • スピリット・201C
prop-ja:優勝回数
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:出走回数
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:初戦
  • 1983 (xsd:integer)
prop-ja:変速
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:排気量
  • 1496.0
prop-ja:最終戦
  • 1983 (xsd:integer)
prop-ja:燃料
prop-ja:画像
  • Spirit 201C Honda Collection Hall.jpg
prop-ja:表彰台回数
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:通算獲得ポイント
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:配置
prop-ja:重量
  • 590.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スピリット・201は、スピリット・レーシングが開発したフォーミュラカー。1982年から1984年までヨーロッパF2選手権に投入され、1983年にはF1世界選手権に投入された。フォーミュラ2では2リッターの自然吸気エンジンが搭載された。フォーミュラ1では、ホンダ製の1.5リッターターボエンジンが搭載された。デビュー戦はノンタイトル戦のレース・オブ・チャンピオンズで、ドライバーはステファン・ヨハンソンであった。ヨハンソンの予選順位は13台中12位(ジャン=ルイ・シュレッサーのRAMマーチは予選ノータイム)であった。レースではラップリードを記録して10位まで上昇したが、4ラップ目にエンジンブローによりリタイアした。世界選手権での初戦はシルバーストンで行われたイギリスグランプリであった。改良された201Cをドライブしたヨハンソンは予選で15位を記録した。しかしながらレース当日の朝、エンジンに問題が生じたため201での出走を余儀なくされた。レースでは5ラップ目に燃料システムのトラブルでリタイアとなる。201Cは結局ドイツとオランダで出走し、他のレースは201での出走となった。ベストリザルトはオランダでの7位であった。
rdfs:label
  • スピリット・201
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:先代 of
is foaf:primaryTopic of