Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • EJ型エンジンとは、富士重工業の水平対向4気筒ガソリンエンジンの系列である。EA型エンジンの後継機種として、現在に至る。現在、EJ15、EJ16、EJ18、EJ22は製造終了し、このうち、EJ15はDOHC・ロングストローク設計を用いた後継のEL15に引き継がれた。また、残りのEJ20、EJ25のDOHCエンジンは可変バルブタイミング機構・AVCSを搭載している。ボアピッチは113mm。ここではスバル・アルシオーネSVXに搭載された発展バージョンであるEG33水平対向6気筒エンジンも併せて記述する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1341683 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5540 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 80 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56830082 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:タイプ
  • 水平対向4気筒DOHC16バルブ
  • 水平対向4気筒SOHC16バルブ
  • 水平対向6気筒DOHC24バルブ
prop-ja:名称
  • スバル・EG33型エンジン
  • スバル・EJ型エンジン
prop-ja:排気量
  • 1.5
  • 1.6
  • 2.0
  • 1.8
  • 2.5
  • 3.3
  • 2.2
prop-ja:生産拠点
prop-ja:画像
  • 2004 (xsd:integer)
  • subaru EG33.jpg
prop-ja:画像の説明
  • EG33型水平対向6気筒エンジン
  • EJ15型水平対向4気筒エンジン
prop-ja:製造期間
  • 1989 (xsd:integer)
  • --01-01
dcterms:subject
rdfs:comment
  • EJ型エンジンとは、富士重工業の水平対向4気筒ガソリンエンジンの系列である。EA型エンジンの後継機種として、現在に至る。現在、EJ15、EJ16、EJ18、EJ22は製造終了し、このうち、EJ15はDOHC・ロングストローク設計を用いた後継のEL15に引き継がれた。また、残りのEJ20、EJ25のDOHCエンジンは可変バルブタイミング機構・AVCSを搭載している。ボアピッチは113mm。ここではスバル・アルシオーネSVXに搭載された発展バージョンであるEG33水平対向6気筒エンジンも併せて記述する。
rdfs:label
  • スバル・EJ型エンジン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of