Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ストロークプレー(stroke play)はゴルフの競技方法の一つ。メダルプレー(medal play)とも呼ばれる。所定ラウンド、全ホールの合計の打数によって、順位(勝敗)をつける試合方式。打数が最も少ない者が優勝となる。ゴルフ発祥当初はマッチプレーの形態が主体であったが、参加競技者が増加するほどに多くの時間がかかってしまうことと、多人数で競う場合の順位付けが困難であることから、ストロークプレーが広まるようになってきた。ストロークプレーが主流になると、それまでコースごとにまちまちだった18ホールの合計距離などに対し、画一した規格を決める必要が出てきたため、全てのホールに対し既定打数を決めて、コースごとの合計既定打数による比較がし易いように定めたのが、パー(1ホールごとの基準打数)の起源である。なお、このストロークプレー自体の起源は1759年5月9日、セントアンドリュースでのこととされる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3039964 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1004 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 10 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52610056 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ストロークプレー(stroke play)はゴルフの競技方法の一つ。メダルプレー(medal play)とも呼ばれる。所定ラウンド、全ホールの合計の打数によって、順位(勝敗)をつける試合方式。打数が最も少ない者が優勝となる。ゴルフ発祥当初はマッチプレーの形態が主体であったが、参加競技者が増加するほどに多くの時間がかかってしまうことと、多人数で競う場合の順位付けが困難であることから、ストロークプレーが広まるようになってきた。ストロークプレーが主流になると、それまでコースごとにまちまちだった18ホールの合計距離などに対し、画一した規格を決める必要が出てきたため、全てのホールに対し既定打数を決めて、コースごとの合計既定打数による比較がし易いように定めたのが、パー(1ホールごとの基準打数)の起源である。なお、このストロークプレー自体の起源は1759年5月9日、セントアンドリュースでのこととされる。
rdfs:label
  • ストロークプレー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:format of
is foaf:primaryTopic of