Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ストレプトマイシン (streptomycin) は抗生物質のひとつである。化学式はC21H39O12N7である。最初に発見されたアミノグリコシド類であり、結核の治療に用いられた最初の抗生物質である。略して「ストマイ」ともいう。放線菌の一種Streptomyces griseusに由来する。ストレプトマイシンはタンパク質合成を阻害することによりバクテリアの成長や代謝を停止させる。具体的には、バクテリアのリボソーム上の23S rRNAに結合し、代謝を担うあらゆるタンパク質の合成、つまりリボソーム上でのポリペプチド鎖の合成の開始を阻害する。真正細菌(バクテリア)型リボソームのみに選択的で、真核生物および古細菌型リボソームは阻害を受けない。人も真核生物に属すため損傷は少なく、バクテリアのみに効果を与えることができる。ただし、ミトコンドリアのリボソームが阻害を受けるため投与量によっては副作用が出る。なお、ストレプトマイシンは消化管からの吸収がよくないため経口では投与できず、筋肉注射を行わなければならない。現在では、硫酸塩および誘導体のジヒドロストレプトマイシンが農薬の一種である殺菌剤として発売されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 482894 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4823 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55470672 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • A07
prop-ja:atcSuffix
  • AA04
prop-ja:bioavailability
  • 84 (xsd:integer)
prop-ja:c
  • 21 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 57 (xsd:integer)
prop-ja:chemspiderid
  • 18508 (xsd:integer)
prop-ja:drugbank
  • DB01082
prop-ja:eliminationHalfLife
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:excretion
prop-ja:h
  • 39 (xsd:integer)
prop-ja:image
  • Streptomycin-1ntb-xtal-3D-balls.png
prop-ja:inchi
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:inchikey
  • UCSJYZPVAKXKNQ-HZYVHMACBS
prop-ja:iupacName
  • -3 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • -tetrahydrofuran-3-carbaldehyde
prop-ja:kegg
  • D08531
prop-ja:legalUk
  • POM
prop-ja:legalUs
  • Rx-only
prop-ja:meltingPoint
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:molecularWeight
  • 581.574000 (xsd:double)
prop-ja:n
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:o
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:pregnancyCategory
  • DM
prop-ja:pubchem
  • 19649 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
  • 筋肉注射、静脈注射
prop-ja:smiles
  • C[C@H]1[C@@]O
prop-ja:width
  • 208 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ストレプトマイシン (streptomycin) は抗生物質のひとつである。化学式はC21H39O12N7である。最初に発見されたアミノグリコシド類であり、結核の治療に用いられた最初の抗生物質である。略して「ストマイ」ともいう。放線菌の一種Streptomyces griseusに由来する。ストレプトマイシンはタンパク質合成を阻害することによりバクテリアの成長や代謝を停止させる。具体的には、バクテリアのリボソーム上の23S rRNAに結合し、代謝を担うあらゆるタンパク質の合成、つまりリボソーム上でのポリペプチド鎖の合成の開始を阻害する。真正細菌(バクテリア)型リボソームのみに選択的で、真核生物および古細菌型リボソームは阻害を受けない。人も真核生物に属すため損傷は少なく、バクテリアのみに効果を与えることができる。ただし、ミトコンドリアのリボソームが阻害を受けるため投与量によっては副作用が出る。なお、ストレプトマイシンは消化管からの吸収がよくないため経口では投与できず、筋肉注射を行わなければならない。現在では、硫酸塩および誘導体のジヒドロストレプトマイシンが農薬の一種である殺菌剤として発売されている。
rdfs:label
  • ストレプトマイシン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of