Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ストリート新聞(英語: Street newspapers,street papers)とは、ホームレスや貧困にあえぐ人々が売る、また主にそのような人々を支援するために発行される新聞・雑誌である。このような新聞のほとんどは主にホームレスや貧困関連の問題を扱ったり、ホームレスのコミュニティにおける社会的繋がりの強化を進めたりしていて、ホームレスや貧困層に雇用やコミュニティ内の声を提供することを目的にしている。こうした新聞はホームレスの人達によって販売されており、またその多くがホームレスらによって部分的に執筆されている。19世紀末から20世紀初めにかけて、チャリティ団体、宗教団体、労働組合によって発行されたいくつかの新聞がホームレスに関心を向けようと試みたが、ストリート新聞が一般的になったのはあくまで1989年にStreet News ストリートニュースがニューヨークで創刊された後のことである。現在では、同様の新聞が世界30カ国以上で発行されており、特にアメリカ合衆国と西ヨーロッパが最も盛んである。ストリート新聞は政府、チャリティ団体、国際ストリートペーパーネットワークや北米路上新聞協会といった連盟によって支えられている。ストリート新聞の数こそは増えたものの、その多くは今でも資金不足、スタッフの信頼性、関心を抱いてもらうこと、読者を維持すること、といった多くの問題に直面している。ストリート新聞というのは、主にホームレスらによって販売されてはいるものの、新聞ごとに、ホームレスが寄稿した記事の数や、ホームレスに関する記事の割合は異なっており、ホームレス自身によって執筆・発行されている新聞もあるが、プロの従業員を雇って大手新聞と張り合おうとする新聞もある。こうした違いが、どのような題材を報道すべきかということやホームレスが執筆や発行にどの程度まで参加すべきかといったことについて、発行者らの間で論争を生んでいる。人気のあるストリート新聞のひとつである「ビッグイシュー」は、ホームレスに関する支援や社会問題を重視していて利益をあまり出せていない他紙と一線を画し、世の中の主要問題や大衆文化を取り上げることで多数の読者を獲得していることで、この問題に一石を投じている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2775246 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 25774 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 61 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57860047 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ストリート新聞(英語: Street newspapers,street papers)とは、ホームレスや貧困にあえぐ人々が売る、また主にそのような人々を支援するために発行される新聞・雑誌である。このような新聞のほとんどは主にホームレスや貧困関連の問題を扱ったり、ホームレスのコミュニティにおける社会的繋がりの強化を進めたりしていて、ホームレスや貧困層に雇用やコミュニティ内の声を提供することを目的にしている。こうした新聞はホームレスの人達によって販売されており、またその多くがホームレスらによって部分的に執筆されている。19世紀末から20世紀初めにかけて、チャリティ団体、宗教団体、労働組合によって発行されたいくつかの新聞がホームレスに関心を向けようと試みたが、ストリート新聞が一般的になったのはあくまで1989年にStreet News ストリートニュースがニューヨークで創刊された後のことである。現在では、同様の新聞が世界30カ国以上で発行されており、特にアメリカ合衆国と西ヨーロッパが最も盛んである。ストリート新聞は政府、チャリティ団体、国際ストリートペーパーネットワークや北米路上新聞協会といった連盟によって支えられている。ストリート新聞の数こそは増えたものの、その多くは今でも資金不足、スタッフの信頼性、関心を抱いてもらうこと、読者を維持すること、といった多くの問題に直面している。ストリート新聞というのは、主にホームレスらによって販売されてはいるものの、新聞ごとに、ホームレスが寄稿した記事の数や、ホームレスに関する記事の割合は異なっており、ホームレス自身によって執筆・発行されている新聞もあるが、プロの従業員を雇って大手新聞と張り合おうとする新聞もある。こうした違いが、どのような題材を報道すべきかということやホームレスが執筆や発行にどの程度まで参加すべきかといったことについて、発行者らの間で論争を生んでいる。人気のあるストリート新聞のひとつである「ビッグイシュー」は、ホームレスに関する支援や社会問題を重視していて利益をあまり出せていない他紙と一線を画し、世の中の主要問題や大衆文化を取り上げることで多数の読者を獲得していることで、この問題に一石を投じている。
rdfs:label
  • ストリート新聞
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of