Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ストラスブール大聖堂またはノートルダム=ド=ストラスブール大聖堂(フランス語: Cathédrale Notre-Dame-de-Strasbourg、 ドイツ語: Liebfrauenmünster zu Straßburg)は、フランスのストラスブールにあるカトリックの大聖堂である。その大部分はロマネスク建築だが、一般にゴシック建築の代表作とされている。主な建築者としてはエルヴィン・フォン・スタインベックがいる。1277年から1318年に死ぬまで建設に関わった。高さ142メートルで、1647年から1874年まで世界一の高層建築だった。1874年にハンブルクの聖ニコライ教会に高さを追い抜かれた。現在は教会としては世界第6位の高さである。ヴィクトル・ユーゴーは「巨大で繊細な驚異」と評した。アルザス平原のどこからでも見え、遠くはヴォージュ山脈やライン川の反対側にあるシュヴァルツヴァルトからも見える。ヴォージュ産の砂岩を建材として使っており、それによって独特なピンク色を呈している。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2063340 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16143 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 270 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53825289 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
  • 世界一高い建築物
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1647 (xsd:integer)
  • (142 m)
dcterms:subject
georss:point
  • 48.58166666666666 7.7508333333333335
rdf:type
rdfs:comment
  • ストラスブール大聖堂またはノートルダム=ド=ストラスブール大聖堂(フランス語: Cathédrale Notre-Dame-de-Strasbourg、 ドイツ語: Liebfrauenmünster zu Straßburg)は、フランスのストラスブールにあるカトリックの大聖堂である。その大部分はロマネスク建築だが、一般にゴシック建築の代表作とされている。主な建築者としてはエルヴィン・フォン・スタインベックがいる。1277年から1318年に死ぬまで建設に関わった。高さ142メートルで、1647年から1874年まで世界一の高層建築だった。1874年にハンブルクの聖ニコライ教会に高さを追い抜かれた。現在は教会としては世界第6位の高さである。ヴィクトル・ユーゴーは「巨大で繊細な驚異」と評した。アルザス平原のどこからでも見え、遠くはヴォージュ山脈やライン川の反対側にあるシュヴァルツヴァルトからも見える。ヴォージュ産の砂岩を建材として使っており、それによって独特なピンク色を呈している。
rdfs:label
  • ストラスブール大聖堂
owl:sameAs
geo:lat
  • 48.581665 (xsd:float)
geo:long
  • 7.750834 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of