Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スティーヴ・ライヒ(Steve Reich, 1936年10月3日 - )は、ミニマルミュージックを代表するアメリカの作曲家。母は女優のジューン・キャロル、(旧姓・シルマン)。異父弟に作家のジョナサン・キャロル。ドイツ系ユダヤ人の両親の子として生まれる。最小限に抑えた音型を反復させるミニマル・ミュージックの先駆者として、「現代における最も独創的な音楽思想家」(ニューヨーカー誌)と評される。同じ言葉を吹き込んだ二つのテープを同時に再生し、次第に生じてくるフェーズ(位相)のずれにヒントを得て、『イッツ・ゴナ・レイン』(1965)、『カム・アウト』(1966)などの初期の作品を発表。1990年、『18人の音楽家のための音楽』(1974-76)、ホロコーストを題材にした『ディファレント・トレインズ』(1988)により2つのグラミー賞を受賞。1993年には、「21世紀のオペラはこうあるべき」(タイム誌)と評された『The Cave -洞窟-』を発表した。2006年、第18回高松宮殿下記念世界文化賞の音楽部門を受賞。2009年、『ダブル・セクステット』でピューリッツァー賞 音楽部門を受賞。2008年度の「武満徹作曲賞」審査員を務めている。なお、日本国内ではドイツ語式に「ライヒ」と表記されるが、本国アメリカでは一般的に「ライシュ」または「ライク」と発音される。種々のインタビューやコンサート・トークにおいて、本人は「ライシュ」と発音している。ただし最近のTV番組などでは、ナレーターなどによりあえて「ライヒ」と発音されるケースもある。
dbpedia-owl:background
  • classic
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:recordLabel
dbpedia-owl:school
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 264 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7903 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59139545 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:background
  • classic
prop-ja:born
  • 1936-10-03 (xsd:date)
  • 、ニューヨーク市ブロードウェイ
prop-ja:genre
prop-ja:img
  • Steve Reich2.jpg
prop-ja:imgCapt
  • 2006 (xsd:integer)
prop-ja:label
prop-ja:name
  • Steve Reich
  • スティーヴ・ライヒ
prop-ja:occupation
prop-ja:schoolBackground
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • スティーヴ・ライヒ(Steve Reich, 1936年10月3日 - )は、ミニマルミュージックを代表するアメリカの作曲家。母は女優のジューン・キャロル、(旧姓・シルマン)。異父弟に作家のジョナサン・キャロル。ドイツ系ユダヤ人の両親の子として生まれる。最小限に抑えた音型を反復させるミニマル・ミュージックの先駆者として、「現代における最も独創的な音楽思想家」(ニューヨーカー誌)と評される。同じ言葉を吹き込んだ二つのテープを同時に再生し、次第に生じてくるフェーズ(位相)のずれにヒントを得て、『イッツ・ゴナ・レイン』(1965)、『カム・アウト』(1966)などの初期の作品を発表。1990年、『18人の音楽家のための音楽』(1974-76)、ホロコーストを題材にした『ディファレント・トレインズ』(1988)により2つのグラミー賞を受賞。1993年には、「21世紀のオペラはこうあるべき」(タイム誌)と評された『The Cave -洞窟-』を発表した。2006年、第18回高松宮殿下記念世界文化賞の音楽部門を受賞。2009年、『ダブル・セクステット』でピューリッツァー賞 音楽部門を受賞。2008年度の「武満徹作曲賞」審査員を務めている。なお、日本国内ではドイツ語式に「ライヒ」と表記されるが、本国アメリカでは一般的に「ライシュ」または「ライク」と発音される。種々のインタビューやコンサート・トークにおいて、本人は「ライシュ」と発音している。ただし最近のTV番組などでは、ナレーターなどによりあえて「ライヒ」と発音されるケースもある。
rdfs:label
  • スティーヴ・ライヒ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Steve Reich
  • スティーヴ・ライヒ
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influences of
is foaf:primaryTopic of