Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スティーヴン・マーティン・ウォルト(Stephen Martin Walt, 1955年7月2日 - )は、アメリカ合衆国の国際政治学者。ハーバード大学ケネディ行政大学院教授。1983年、カリフォルニア大学バークレー校から博士号取得(政治学)後、プリンストン大学助教授、シカゴ大学准教授・教授を経て、現職。博士論文である The Origins of Alliances. では、同盟の形成において、勢力均衡(balance of power)ではなく、脅威均衡(balance of threat)が大きな役割を果たしていることを明らかにした。2003年のアメリカのイラク戦争に際して、ジョン・ミアシャイマーらとともに、現実主義の立場からアメリカの国益にそぐわないと批判した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 66849 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2648 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58054071 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スティーヴン・マーティン・ウォルト(Stephen Martin Walt, 1955年7月2日 - )は、アメリカ合衆国の国際政治学者。ハーバード大学ケネディ行政大学院教授。1983年、カリフォルニア大学バークレー校から博士号取得(政治学)後、プリンストン大学助教授、シカゴ大学准教授・教授を経て、現職。博士論文である The Origins of Alliances. では、同盟の形成において、勢力均衡(balance of power)ではなく、脅威均衡(balance of threat)が大きな役割を果たしていることを明らかにした。2003年のアメリカのイラク戦争に際して、ジョン・ミアシャイマーらとともに、現実主義の立場からアメリカの国益にそぐわないと批判した。
rdfs:label
  • スティーヴン・ウォルト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of