Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スティグ・ヴィカンデル(Stig Wikander)は、スウェーデンのイラン語学者。1908年ノルテルジュ生まれ。ウプサラ大学でイラン学者のエンリコ・サムエリ・ニーベリに師事したのち、オットー・へフラーの『ゲルマン人の秘密結社』に影響を受けて、最も代表的な著作『アーリヤ人の男性結社』を発表する。また当時定説化していたフランツ・キュモンのミトラス教研究を初めて全面的に論駁し(1950年)、研究動向に衝撃を与えた。ヴィカンデルはまず第一に傑出したイラン学者であるが、『マハーバーラタ』などインド・イランの叙事詩に関するいくつかの重要な論文のために、現在ジョルジュ・デュメジルと並んで比較神話学の代表的な研究者とみなされている。またミルチャ・エリアーデと交流があったことも知られている。1983年、ウプサラで死去。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 934279 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1226 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58850057 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スティグ・ヴィカンデル(Stig Wikander)は、スウェーデンのイラン語学者。1908年ノルテルジュ生まれ。ウプサラ大学でイラン学者のエンリコ・サムエリ・ニーベリに師事したのち、オットー・へフラーの『ゲルマン人の秘密結社』に影響を受けて、最も代表的な著作『アーリヤ人の男性結社』を発表する。また当時定説化していたフランツ・キュモンのミトラス教研究を初めて全面的に論駁し(1950年)、研究動向に衝撃を与えた。ヴィカンデルはまず第一に傑出したイラン学者であるが、『マハーバーラタ』などインド・イランの叙事詩に関するいくつかの重要な論文のために、現在ジョルジュ・デュメジルと並んで比較神話学の代表的な研究者とみなされている。またミルチャ・エリアーデと交流があったことも知られている。1983年、ウプサラで死去。
rdfs:label
  • スティグ・ヴィカンデル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of