Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スチューデント・パワーは、1960年代末世界の至るところで起った学生運動の総称。中国の文化大革命、フランス5月革命での学生運動を皮切りに、アメリカでは、「いちご白書」で有名なコロンビア大学闘争や、非暴力学生調整委員会、ウエザーマン、ブラックパンサーにいたる学生運動の高揚があり、またイタリアでもボローニャ大学を始めとして闘争は広がっていった。ドイツでもドイツ社学同を指導部隊とした運動が広がった。日本でも、この時期学生運動は高揚をみせ、新左翼系の三派全学連による反戦運動や全共闘運動などで、全国の大学、高校が紛争状態となった。世界的に共通したスローガンにアメリカのベトナム戦争に対する批判があった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 942815 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 506 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52276720 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スチューデント・パワーは、1960年代末世界の至るところで起った学生運動の総称。中国の文化大革命、フランス5月革命での学生運動を皮切りに、アメリカでは、「いちご白書」で有名なコロンビア大学闘争や、非暴力学生調整委員会、ウエザーマン、ブラックパンサーにいたる学生運動の高揚があり、またイタリアでもボローニャ大学を始めとして闘争は広がっていった。ドイツでもドイツ社学同を指導部隊とした運動が広がった。日本でも、この時期学生運動は高揚をみせ、新左翼系の三派全学連による反戦運動や全共闘運動などで、全国の大学、高校が紛争状態となった。世界的に共通したスローガンにアメリカのベトナム戦争に対する批判があった。
rdfs:label
  • スチューデント・パワー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of