Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スタンウィックス砦包囲戦(スタンウィックスとりでほういせん、英: Siege of Fort Stanwix、当時はスカイラー砦とも呼ばれた)は、アメリカ独立戦争のサラトガ方面作戦初期、1777年8月2日 - 22日に起こった包囲戦である。モホーク川流域にあったスタンウィックス砦は当時大陸軍が対抗するイギリス軍と同盟インディアンに対する主要な防衛拠点だった。砦はピーター・ガンズヴォート大佐の指揮するニューヨークとマサチューセッツからの大陸軍が占めていた。これを包囲した軍勢はイギリス軍正規兵、ロイヤリスト、ヘッセン=ハーナウからの傭兵、およびインディアンで構成され、イギリス軍のバリー・セントリージャー准将とイロコイ族インディアンの指導者ジョセフ・ブラントが指揮していた。バリー・セントリージャーの遠征部隊は、ハドソン川流域の支配を目指したジョン・バーゴイン将軍のサラトガ方面作戦における別働隊だった。包囲戦の初期の8月6日に、ニコラス・ハーキマーの指揮するニューヨーク民兵隊がオリスカニーの戦いでイギリス軍分遣隊に止められ、砦の包囲を破る試みが潰えた。この戦闘に砦の守備隊は関わらなかったが、幾らかの兵力が出撃して無防備に近かったインディアンとロイヤリストの宿営地を襲った。このことでセントリージャーに対する支援インディアンの士気が落ちた。大陸軍のベネディクト・アーノルド将軍が指揮する援軍が近付き、アーノルドがその勢力以上の部隊を持っていると包囲するイギリス軍に信じ込ませる巧妙な策略を使ったことで、砦の包囲は破れた。これに加えて、インディアンの戦士達は包囲戦に興味がなく、その所有物が無くなったことによる動揺もあって、インディアンの支援を失ったセントリージャーは包囲を諦めて撤退した。セントリージャーが目指していたオールバニへの進軍ができなくなったことで、バーゴインの本隊は孤立し、後の1777年10月のサラトガの戦い後に降伏することに繋がっていった。セントリージャー隊は9月下旬にタイコンデロガ砦に到着したが、そのときは既にバーゴイン本隊を救援するには遅すぎた。
dbpedia-owl:casualties
  • 5 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:combatant
  • イギリス軍
  • 大陸軍
  • イロコイ族インディアン
  • ヘッセン=ハーナウ
dbpedia-owl:description
  • 再建されたスタンウィックス砦
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • 大陸軍の勝利
dbpedia-owl:strength
  • イギリス軍、ヘッセン=ハーナウ兵、ロイヤリストおよびカナダ民兵:約750
  • アーノルドの正規兵:700 と民兵、インディアン:100-300
  • イロコイ族インディアン:800
  • ガンズヴォートの正規兵:750
  • ハーキマーの民兵:800
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2376744 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16312 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 66 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55674297 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • スタンウィックス砦包囲戦
prop-ja:campaign
  • アメリカ独立戦争
prop-ja:caption
  • 再建されたスタンウィックス砦
prop-ja:casualties
  • (オリスカニーの戦いでの損失を含まず)戦死:7名、負傷:18名、不明9名
  • (オリスカニーの戦いでの損失を含む)イギリス兵、ヘッセン=ハーナウ兵、ロイヤリスト:戦死:5名、負傷または病気:47名、捕虜または不明・41名
  • インディアン:戦死、捕虜または不明:32名、負傷または病気:34名
prop-ja:combatant
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • --08-02
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 大陸軍の勝利
prop-ja:strength
  • イギリス軍、ヘッセン=ハーナウ兵、ロイヤリストおよびカナダ民兵:約750
  • アーノルドの正規兵:700 と民兵、インディアン:100-300
  • イロコイ族インディアン:800
  • ガンズヴォートの正規兵:750
  • ハーキマーの民兵:800
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 43.21055555555556 -75.45525
rdf:type
rdfs:comment
  • スタンウィックス砦包囲戦(スタンウィックスとりでほういせん、英: Siege of Fort Stanwix、当時はスカイラー砦とも呼ばれた)は、アメリカ独立戦争のサラトガ方面作戦初期、1777年8月2日 - 22日に起こった包囲戦である。モホーク川流域にあったスタンウィックス砦は当時大陸軍が対抗するイギリス軍と同盟インディアンに対する主要な防衛拠点だった。砦はピーター・ガンズヴォート大佐の指揮するニューヨークとマサチューセッツからの大陸軍が占めていた。これを包囲した軍勢はイギリス軍正規兵、ロイヤリスト、ヘッセン=ハーナウからの傭兵、およびインディアンで構成され、イギリス軍のバリー・セントリージャー准将とイロコイ族インディアンの指導者ジョセフ・ブラントが指揮していた。バリー・セントリージャーの遠征部隊は、ハドソン川流域の支配を目指したジョン・バーゴイン将軍のサラトガ方面作戦における別働隊だった。包囲戦の初期の8月6日に、ニコラス・ハーキマーの指揮するニューヨーク民兵隊がオリスカニーの戦いでイギリス軍分遣隊に止められ、砦の包囲を破る試みが潰えた。この戦闘に砦の守備隊は関わらなかったが、幾らかの兵力が出撃して無防備に近かったインディアンとロイヤリストの宿営地を襲った。このことでセントリージャーに対する支援インディアンの士気が落ちた。大陸軍のベネディクト・アーノルド将軍が指揮する援軍が近付き、アーノルドがその勢力以上の部隊を持っていると包囲するイギリス軍に信じ込ませる巧妙な策略を使ったことで、砦の包囲は破れた。これに加えて、インディアンの戦士達は包囲戦に興味がなく、その所有物が無くなったことによる動揺もあって、インディアンの支援を失ったセントリージャーは包囲を諦めて撤退した。セントリージャーが目指していたオールバニへの進軍ができなくなったことで、バーゴインの本隊は孤立し、後の1777年10月のサラトガの戦い後に降伏することに繋がっていった。セントリージャー隊は9月下旬にタイコンデロガ砦に到着したが、そのときは既にバーゴイン本隊を救援するには遅すぎた。
rdfs:label
  • スタンウィックス砦包囲戦
owl:sameAs
geo:lat
  • 43.210556 (xsd:float)
geo:long
  • -75.455254 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • スタンウィックス砦包囲戦
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of