Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スタウト・スカラブ(Stout Scarab)は、ウィリアム・ブッシェル・スタウト (William Bushnell Stout) により設計され、スタウト技術研究所 (Stout Engineering Laboratories) と後にデトロイトのスタウト・モーターカー (Stout Motor Car) で少数が生産された1930年代から1940年代にかけてのアメリカ合衆国の乗用車である。多数の斬新さと革新性を持ち合わせたスカラブは世界で初めて製作されたミニバンと言われることもあり、1946年に製作されたスカラブの試作車の1台は世界で初めてグラスファイバー製ボディとエアサスペンションを備えていた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2873103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7794 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57003584 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:1枚目画像の説明
prop-ja:1枚目画像名
  • Stout Scarab.JPG
prop-ja:2枚目画像の説明
  • オウルズ・ヘッド交通博物館に展示される1935年製スカラブ
prop-ja:2枚目画像名
  • Scarab OHTM.JPG
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:トランスミッション
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:製造国
  • スタウト・モーターカー
prop-ja:設計統括
  • ウィリアム・ブッシェル・スタウト
prop-ja:駆動方式
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スタウト・スカラブ(Stout Scarab)は、ウィリアム・ブッシェル・スタウト (William Bushnell Stout) により設計され、スタウト技術研究所 (Stout Engineering Laboratories) と後にデトロイトのスタウト・モーターカー (Stout Motor Car) で少数が生産された1930年代から1940年代にかけてのアメリカ合衆国の乗用車である。多数の斬新さと革新性を持ち合わせたスカラブは世界で初めて製作されたミニバンと言われることもあり、1946年に製作されたスカラブの試作車の1台は世界で初めてグラスファイバー製ボディとエアサスペンションを備えていた。
rdfs:label
  • スタウト・スカラブ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of