Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スタイルパッチはアメリカ合衆国生産、日本調教の競走馬、繁殖牝馬。日本の牝系のひとつ「スタイルパッチ系」の祖である。1952年、太平洋戦争を経て国営競馬復活後の馬資源不足解消のために、アメリカ・オーストラリアなどから輸入された競走馬群のうちの一頭。同年に輸入された馬にはリンボー、その翌年に輸入された馬にはカバーラップ二世などがいる。輸入直後に競走馬としてデビューし、短距離ハンデキャップなど9勝を挙げオープン馬となっている。5歳をもって競走馬を引退し繁殖牝馬となると、直仔こそ大きな活躍を見せなかったが、孫世代以降から二冠馬カブラヤオー、エリザベス女王杯優勝馬ミスカブラヤ兄妹や、重賞2勝を挙げたサルノキングといった中央競馬の活躍馬を輩出。とくに第一仔の牝駒ミスナンバイチバンから広がった系統からは、前述カブラヤ兄妹をはじめ、マイルチャンピオンシップ2勝を挙げたダイタクヘリオスといった活躍馬が続出した。輸入から半世紀を経た2000年代以降も安定して活躍馬を輩出し、スタイルパッチ系は日本の名牝系のひとつに数えられている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1495772 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2788 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56256266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:f
  • 鹿毛 アメリカ
  • Dog Patch 1939
prop-ja:ff
prop-ja:fff
prop-ja:ffff
  • Ajax
prop-ja:fffm
  • Rondeau
prop-ja:ffm
prop-ja:ffmf
prop-ja:ffmm
  • Conceltina
prop-ja:fm
  • 鹿毛 アメリカ
  • Rose Leaves 1916
prop-ja:fmf
  • Ballot
prop-ja:fmff
  • Voter
prop-ja:fmfm
  • Cerito
prop-ja:fmm
  • Colonial
prop-ja:fmmf
  • Trenton
prop-ja:fmmm
  • Thankful Blossom
prop-ja:inf
  • テディ系 / Ballot3×4=18.75%
prop-ja:jbis
  • 1299 (xsd:integer)
prop-ja:m
prop-ja:mf
  • アメリカ
  • Cyclops 1920
prop-ja:mff
  • Heno
prop-ja:mfff
  • Henry Young
prop-ja:mffm
  • Quiver
prop-ja:mfm
  • Daphne
prop-ja:mfmf
  • Ballot
prop-ja:mfmm
  • Graziosa
prop-ja:mm
  • 鹿毛 アメリカ
  • Minuet 1916
prop-ja:mmf
  • Olambala
prop-ja:mmff
  • Ornus
prop-ja:mmfm
  • Blue and White
prop-ja:mmm
  • Fantasque
prop-ja:mmmf
  • Disguise
prop-ja:mmmm
  • Editha F-No.8-g
prop-ja:name
  • スタイルパッチ
prop-ja:netkeiba
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:
  • スタイルパッチ
prop-ja:
prop-ja:
  • 1970 (xsd:integer)
prop-ja:
  • Style Leader
prop-ja:
  • Dog Patch
prop-ja:
  • --04-02
prop-ja:
prop-ja:
  • 41 (xsd:integer)
prop-ja:
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スタイルパッチはアメリカ合衆国生産、日本調教の競走馬、繁殖牝馬。日本の牝系のひとつ「スタイルパッチ系」の祖である。1952年、太平洋戦争を経て国営競馬復活後の馬資源不足解消のために、アメリカ・オーストラリアなどから輸入された競走馬群のうちの一頭。同年に輸入された馬にはリンボー、その翌年に輸入された馬にはカバーラップ二世などがいる。輸入直後に競走馬としてデビューし、短距離ハンデキャップなど9勝を挙げオープン馬となっている。5歳をもって競走馬を引退し繁殖牝馬となると、直仔こそ大きな活躍を見せなかったが、孫世代以降から二冠馬カブラヤオー、エリザベス女王杯優勝馬ミスカブラヤ兄妹や、重賞2勝を挙げたサルノキングといった中央競馬の活躍馬を輩出。とくに第一仔の牝駒ミスナンバイチバンから広がった系統からは、前述カブラヤ兄妹をはじめ、マイルチャンピオンシップ2勝を挙げたダイタクヘリオスといった活躍馬が続出した。輸入から半世紀を経た2000年代以降も安定して活躍馬を輩出し、スタイルパッチ系は日本の名牝系のひとつに数えられている。
rdfs:label
  • スタイルパッチ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of