Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スコーネ県Skåne län140pxスコーネ県 (Skåne län、英語:Scania、ドイツ語:Schoneとも)は、スウェーデンの県の一つで、略号はM。県庁所在地はマルメ (Malmö)。県の面積は1万1035平方キロメートルで、2005年現在の人口は116万919人。人口数では首都を抱えるストックホルム県、ヨーテボリ(Göteborg)を擁するヴェストラ・イェータランド県に続いて三番目である。また県庁所在地のマルメ市は首都ストックホルム市(Stockholm)、ヨーテボリ市に次いでスウェーデンでは3番目に大きい市。1997年にかつてのクリファンスタッド県とマルメヒュース県が合併してできた県である。県下の都市ヘルシンボリからデンマークのヘルシングエー(Helsingør)市へのフェリーが出ている。この航路は、以前はデンマーク・スウェーデンを結ぶ幹線だった。また、マルメ市の北東に位置するルンド(Lund)市には、スウェーデンの大学としてはウプサラ大学に続いて二番目に古いルンド大学が中心となるキャンパスを置いている。マルメ市の東には、イースタッド(Ystad)という歴史のある港町があり、ここからフェリーに乗ってデンマーク領のボーンホルム島(Bornholm)に行くことができる。デンマーク側からボーンホルム島へはスウェーデン領を通過してフェリーに連絡するバスが出ている。スコーネ県とほぼ位置の重なるスコーネ地方は、1658年のロスキレ条約(Freden i Roskilde)までデンマーク領だった。ボーンホルム島も同条約は一旦はスウェーデン領になったが、2年後の1660年にデンマークへ返還されている。スコーネ県は地理的にデンマークに近く、ロスキレ条約まではデンマーク領であった歴史から、現在でもデンマークとの政治的、経済的つながりは他県に比べて強い。また2000年にはマルメとデンマークの首都コペンハーゲンを結ぶエーレスンド橋(Öresundsbron)が開通し、その傾向が以前にも増して強くなった。現在では、マルメ、ルンド、ヘルシンボリとその近郊はコペンハーゲンの都市圏内である。エーレスンド橋は実際には東京湾アクアラインのように、橋梁部分とトンネルの部分から成り立っている。橋の開通後、スカンジナビア航空のハブ空港であるデンマークのカストルップ空港へも県内各地から鉄道によって比較的簡単に到達できるようになった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 161944 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3406 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 94 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55652037 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:ibCoa
  • 60 (xsd:integer)
prop-ja:ibMap
  • 140 (xsd:integer)
prop-ja:ibName
  • Skåne län
prop-ja:ibNameja
  • スコーネ県
prop-ja:ibTd
prop-ja:ibTh
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スコーネ県Skåne län140pxスコーネ県 (Skåne län、英語:Scania、ドイツ語:Schoneとも)は、スウェーデンの県の一つで、略号はM。県庁所在地はマルメ (Malmö)。県の面積は1万1035平方キロメートルで、2005年現在の人口は116万919人。人口数では首都を抱えるストックホルム県、ヨーテボリ(Göteborg)を擁するヴェストラ・イェータランド県に続いて三番目である。また県庁所在地のマルメ市は首都ストックホルム市(Stockholm)、ヨーテボリ市に次いでスウェーデンでは3番目に大きい市。1997年にかつてのクリファンスタッド県とマルメヒュース県が合併してできた県である。県下の都市ヘルシンボリからデンマークのヘルシングエー(Helsingør)市へのフェリーが出ている。この航路は、以前はデンマーク・スウェーデンを結ぶ幹線だった。また、マルメ市の北東に位置するルンド(Lund)市には、スウェーデンの大学としてはウプサラ大学に続いて二番目に古いルンド大学が中心となるキャンパスを置いている。マルメ市の東には、イースタッド(Ystad)という歴史のある港町があり、ここからフェリーに乗ってデンマーク領のボーンホルム島(Bornholm)に行くことができる。デンマーク側からボーンホルム島へはスウェーデン領を通過してフェリーに連絡するバスが出ている。スコーネ県とほぼ位置の重なるスコーネ地方は、1658年のロスキレ条約(Freden i Roskilde)までデンマーク領だった。ボーンホルム島も同条約は一旦はスウェーデン領になったが、2年後の1660年にデンマークへ返還されている。スコーネ県は地理的にデンマークに近く、ロスキレ条約まではデンマーク領であった歴史から、現在でもデンマークとの政治的、経済的つながりは他県に比べて強い。また2000年にはマルメとデンマークの首都コペンハーゲンを結ぶエーレスンド橋(Öresundsbron)が開通し、その傾向が以前にも増して強くなった。現在では、マルメ、ルンド、ヘルシンボリとその近郊はコペンハーゲンの都市圏内である。エーレスンド橋は実際には東京湾アクアラインのように、橋梁部分とトンネルの部分から成り立っている。橋の開通後、スカンジナビア航空のハブ空港であるデンマークのカストルップ空港へも県内各地から鉄道によって比較的簡単に到達できるようになった。
rdfs:label
  • スコーネ県
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:birthPlace of
is dbpedia-owl:deathPlace of
is dbpedia-owl:hometown of
is dbpedia-owl:state of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:county of
is prop-ja:ibTd of
is prop-ja:origin of
is prop-ja:recorded of
is prop-ja:state of
is foaf:primaryTopic of